プロフィール

ぶんまま

  • Author:ぶんまま
  • 名前 ぶんた
    犬種:シーズー犬 男の子 先代

    1992年7月30日生まれ
    甘えん坊の男の子
    10歳で僧房弁心不全症と診断され投薬や運動制限、水分制限もあり。管理人の誕生日の翌日、平成21年2月3日16歳と6ヶ月で虹の橋へ現在、お空の住人
    http://blog-imgs-29.fc2.com/b/u/n/buntablog/moko7.jpg

    名前 モコ
    犬種:シーズー犬 女の子
    2008年11月14日生まれ
    2009年3月3日に縁あって我が家へ
    出会い
    わずか、飼ってからたった1か月もたたないうちに里子に出された子(吠える・噛む・フード拒否)と住宅事情で飼えなくなった子。
    会った時点で1.9キロ(生後190日)ちびっこなシーズー
    小さくて先天性の病気になりやすいと感じうちの子へ
    2013年、春、先天性の網膜剥離で発見された時点で右の眼は失明、左目がかすかに光を感じる程度、その後左目の網膜も剥がれ、そのまま視覚を失う。
    2013年アニマルセラピードック適性試験に奇跡的に合格
    経過観察中だった眼圧が高くなり、2014年に医師と相談し、角膜の炎症などいろいろ乗り越えて、2014年1月28日両眼の眼球へシリコンボール移植へ、手術成功。
    2015年継続犬として2回目セラピードック適性試験合格
    2017年セラピー卒業

    管理人:ぶんまま
    大すき:シーズー犬・カメラ・ドリカム・いきものがかり
    欠かさず見るもの:ちびまる子ちゃん

    父ちゃん:母ちゃんより歳下の旦那さま
    モコのお散歩係り
    お姉ちゃん:トリマー,モコの専属トリマー
    息子ちゃん:モコの専属遊び相手

    ひとことそうぞ↓BBS
    *BBS*可愛いわん画像を待ってます
最近の記事
最近のコメント
★anthem★
bunta
*bunta*
bookbunta.gif
:::moko:::
moko6668888.jpg
くんくんレンジャー
kado365.jpg
つなビィ
365 CALENDAR
カテゴリ
momoji-ya
参加ランキング
リンク
.1122s.com prince
oukann1.jpg
1122s.com so cute
bunnta111.jpg
momoji-ya.  moko
momoji先生
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
*BIRTHDAY*
甘え上手
charline
cabuntamokomko.jpg
model
DSC_65560.jpg
AKB MOKO
20131028150204f0a.gif
Xmas
可愛いアイコンです
nadesiko
ららさん作
idol dog
idol
idol dog
1427689232aidor123.jpg
愛犬おでかけし隊隊員番号:465 モコ隊員
b0096202_262595.gif
愛犬とおでかけし隊!
http://aikengogo.exblog.jp/ odekaketai_m.gif
愛犬宣言
aikens.jpg
トリマーjp
beauty-dog1.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
北海道ボランティアドックの会
DSCF7652355273.jpg
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

トッピングごはん
無題
トッピングごはん
無題1
月別アーカイブ

お花を有難うございます

おつねさんとチェリーママさんから
DSCF4720.jpg
ぶんちゃんの笑顔は夏の太陽でのひまわりのイメージではなく、春の柔らかい太陽のイメージだったのでと、、、。大輪のガーベラは”ぶんたの笑顔”をイメージしたとのお知らせを頂き、ガーベラを取り寄せて贈って下さいました。おつねさんとチェリーママさん、有難うございます。m(_ _)m
お花に囲まれて
DSCF4713.jpg

ぶんたは、沢山の方に愛されて本当に幸せな子だったと思います。

ご近所の仲良しわんちゃんママが尋ねてきてくれたり、ぶん婆の友人や親戚までが焼香へ来てくれてます。未だに冷静にぶんたのお星様になった事が認められない私と逆に先走り、ぶん婆がぶんたの事を話してしまうのです。そのぶん婆のおしゃべりでちょいと不機嫌な私なのです。(-"-)
(ぶんたに全くに犬自覚が無いのです。正確に言うとママやぶん婆が仲良しだっただけなのです。)
ぶん婆が一昨日からお友達と温泉旅行へ。ぶんが頑張っていたら今日が検査の予定だったので母ちゃんいまいちの体調なので予定通りに有給を取り、口煩い?ぶん婆の居ない日を満喫?出来ました。実は、今日、ぶん婆は、帰宅してきましたけど。(*vv)

先日、お世話になった病院へ酸素設備一式や輸液の一式を返却し、挨拶へ伺いました。
もし、あのまま頑張っていたら、何時かは判らないけど、腹水が溜まり、肺水腫、尿毒症で辛い最期の闘いだけが待ってるだけでしたから。
私の顔を見て獣医さんが、『ぶんちゃんは親孝行な子ですよって、。』滝のように涙をこぼしてしまい、(汗)続けて、、、。亡くなった瞬間に体が冷たくなる瞬間、体が柔らかくなり、首も元の位置へ戻って本当に眠るように旅立ちましたと話したら、、、。獣医さんが泣きながら、、『お母さん、大丈夫ですか?』って。先生の方が涙が凄くて、、、。『先生、大丈夫ですか?泣かないで下さい』って私が励ましちゃったり。(^_^;)

大好きなお母さんの腕の中で眠るように天使になれるって事は、相当の親孝行だそうです。

食欲が無かったので頑張って食べようと、亡くなる数時間まで食べさせておりました。カルテールを慎重に使いながらもぶんたの様子を見ながらだけど。相当に飲み込みが悪かっただけに”誤飲”が気になってました。

どんなに体力が無くても”誤飲”の場合、相当にもがき苦しみますよって。

必ず、お母さんなら絶対に気が付きますよと。(ホッ)

ママが諦めないで最期まで一緒に頑張れてぶんちゃんって幸せだって、、。先生がまたもや、泣いちゃうし。本当は私の方が泣きたかったけど、、、。気丈に振舞い、人前で絶対に泣かないのでした。ぶん婆から可愛くないゾって言われちゃうし。(; ̄ー ̄)...
食欲もわかない。何度も深夜に起きる癖や早朝の皮下点滴が体に染み付いており、ぐっすりも眠れませんが、夢にすらぶんたは出てくれません。会いたいなぁ~と毎晩、思います。

ぶんたは、本当に親孝行な子だったと思い、そして、幸せだったと思うのです。

愛情一杯だけど、獣医では無い慣れない私のお世話が嬉しかったとちゃんと知っています。
沢山に甘えて溶けた幸せな顔を見せてくれました。
不謹慎だけど、、、。その頑張りに何度も癒されており、逆にその頑張りに心が押し潰されそうになる時が一杯にあり、心の中は何時もぶんたで一杯でした。(T▽T)
形見
DSCF4715.jpg
亡くなった時の洋服と靴下とぶんたの毛です。お友達がお骨になる前に毛を残しておいた方が良いよって教えて下さりました。本当に助かりました。
チビぶんちゃん
DSCF4725.jpg
ぶんたには、天使の羽があるから自由にお空を飛べるのでこんな事をしても良いのかなって思います。が、、、寝る時は私の寝室で食事中など居間に居る時はソファーで休んで貰っています。
ぬいぐるみは最愛の息子を亡くした私へ上司や同僚からのプレゼントでした。

生死のギリギリの段階での明るい見通しの無い中、希望の無い非常に残酷な話を沢山に獣医から聞かされて、究極の命の選択を選ばねばなりません。そして、愛するわが子が懸命に生きて旅立とうして頑張ってる姿を見て笑顔でお世話するのには、めちゃ、めちゃに葛藤し、とことんにぐちゃぐちゃになって相当にもがき苦しむものです。愛してる分だけ、精神的にも体力もしんどかったのも事実です。
お世話していた時期、夢中でした。一緒に過ごした期間、ぶんたは幸せだったと感じますし、私も幸せでした。飼い主にしかわからない心の奥の深い所でぶんたと通じ合ってると感じてました。

後悔は無いのだけど、、

大好きな愛するわが子を見届ける為のもがく苦しみの葛藤よりも切なくて心が押し潰されそうな言葉で現せない、もの凄い喪失感が日増しに襲います。

もう、抱きたくても、話しかけたくてもぶんたは居ないのですから。

ママは、君が大好きだから、まだ、まだ、頑張れたのだけど、、、。(>_<)

その寂しさは本当に切ないものです。涙が自然にこぼれます。

何を見てもぶんたなのですよ。私は、家までぶんたの為にローンなんて組んで買いました。(汗)

朝から全てが、ぶんたで始まり、終わるのですよ。(;∇;)

狭い部屋が広すぎに感じたり、生活用品の消耗やごみの量やお洗濯の量など、、。家中にぶんたを感じたり、出掛けても何をしてもぶんたとの思い出が一杯なのです。(;∇;)亡くなった時刻にぶんたの遺影へ合掌しています。それしか、ぶんたへしてあげれません。
素敵な曲です♪YouTube - woh woh / ○田和正 
抱きしめれませんが、、、。何時もどこかでぶんたが見守ってくれてるって思えるようにならないと。

16年と6ヶ月の暮らした日々、改めてあんな小さな体のぶんたの存在の大きさを思い知ります。

ぶんたが私の中で生きてるって思えるまで時間が掛かりそうかもしれませんが、自然に任せてゆっくりと涙をこぼし、今まで暮らした楽しかった思い出にクスクスしたり、ぶんたで始まってぶんたで終わった一日を繰り返した16年と6ヶ月の間、最愛の愛息子を偲びながら毎日を慌しく過ごしています。


沢山の温かい応援を頂きながら、本当は応援を頂いたお友達のサイトへご挨拶にお礼に伺うべきですが、ぼちぼちな更新とさせて頂きます。すみません。m(_ _)m



Comment

非公開コメント