プロフィール

ぶんまま

  • Author:ぶんまま
  • 名前 ぶんた
    犬種:シーズー犬 男の子 先代

    1992年7月30日生まれ
    甘えん坊の男の子
    10歳で僧房弁心不全症と診断され投薬や運動制限、水分制限もあり。管理人の誕生日の翌日、平成21年2月3日16歳と6ヶ月で虹の橋へ現在、お空の住人
    http://blog-imgs-29.fc2.com/b/u/n/buntablog/moko7.jpg

    名前 モコ
    犬種:シーズー犬 女の子
    2008年11月14日生まれ
    2009年3月3日に縁あって我が家へ
    出会い
    わずか、飼ってからたった1か月もたたないうちに里子に出された子(吠える・噛む・フード拒否)と住宅事情で飼えなくなった子。
    会った時点で1.9キロ(生後190日)ちびっこなシーズー
    小さくて先天性の病気になりやすいと感じうちの子へ
    2013年、春、先天性の網膜剥離で発見された時点で右の眼は失明、左目がかすかに光を感じる程度、その後左目の網膜も剥がれ、そのまま視覚を失う。
    2013年アニマルセラピードック適性試験に奇跡的に合格
    現在、お母ちゃんとセラピードックの活動中
    経過観察中だった眼圧が高くなり、2014年に医師と相談し、角膜の炎症などいろいろ乗り越えて、2014年1月28日両眼の眼球へシリコンボール移植へ、手術成功。
    2015年継続犬として2回目セラピードック適性試験合格
    活動中

    管理人:ぶんまま
    大すき:シーズー犬・カメラ・ドリカム・いきものがかり
    欠かさず見るもの:ちびまる子ちゃん

    父ちゃん:母ちゃんより歳下の旦那さま
    モコのお散歩係り
    お姉ちゃん:トリマー,モコの専属トリマー
    息子ちゃん:思春期の高3バスケ男子
    モコの専属遊び相手

    ひとことそうぞ↓BBS
    *BBS*可愛いわん画像を待ってます
最近の記事
最近のコメント
★anthem★
bunta
*bunta*
bookbunta.gif
:::moko:::
moko6668888.jpg
くんくんレンジャー
kado365.jpg
つなビィ
365 CALENDAR
カテゴリ
momoji-ya
参加ランキング
リンク
.1122s.com prince
oukann1.jpg
1122s.com so cute
bunnta111.jpg
momoji-ya.  moko
momoji先生
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
*BIRTHDAY*
甘え上手
charline
cabuntamokomko.jpg
model
DSC_65560.jpg
AKB MOKO
20131028150204f0a.gif
Xmas
可愛いアイコンです
nadesiko
ららさん作
idol dog
idol
idol dog
1427689232aidor123.jpg
愛犬おでかけし隊隊員番号:465 モコ隊員
b0096202_262595.gif
愛犬とおでかけし隊!
http://aikengogo.exblog.jp/ odekaketai_m.gif
愛犬宣言
aikens.jpg
トリマーjp
beauty-dog1.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
北海道ボランティアドックの会
DSCF7652355273.jpg
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

トッピングごはん
無題
トッピングごはん
無題1
月別アーカイブ

携帯から

20081126215059
お休みしますと言いながら、重たい内容ばかりなのに…今日も携帯から書いてます。(^_^;)ぶん婆が夕方、携帯にぶんたが下痢をし脈が薄い、意識が遠いと連絡をくれ、耳に携帯を近付けるからぶんたに話し掛けてと。『ぶんたぁ~ママだよ!』と話し掛けました。速攻で帰宅、やや意識が少し朦朧で体温が低くなったぶんたに『ママだよ、判る?』の声に間を置いてから大きな目がうるるに涙目でやっと開けてくれた。私だと判ると溶けた甘えた顔をしてくれた。(*^_^*)耳の裏側が少しだけ明るい色に変る。(ホッ)私が来る迄、名前を呼びながらマッサージし心音や脈拍を確認して酸素を吸入してくれていたぶん婆の適切な処置。寿命宣告されたばかりの頃、過敏になり心配な余りに電話が来てた頃よりは成長した我が家の口煩い名ナース部長のぶん婆さん。下痢で汚れたお尻を拭いてくれたが、思い切って体に負担のないようにお尻だけ洗いました。食欲が無い、日増しに水を飲むのすら辛そうで水を飲ませるタイミングが難しいし、体力が無く尿の回数はギリギリの回数を維持中。幸い、浅い呼吸でも、あの、はぁ、はぁ、ゼイゼイや渇いた咳は無いのが救
い。一度に入れる輸液を量を増すと心臓への負担増だからしたくない。(;_;)だから、どうしても、腎臓にギリギリの量を選択してまう。(^_^;)医師は輸液増やせば体が楽になるが、心臓発作になる頻度が高く肺水腫になるのは時間の問題だと話す、自宅側の医師が、深夜でも対応しますし、完全な看護をしますからと何時も入院を受け入れますと。かなりに有難いが、酸素室が無い簡易な酸素でも自宅で家族でギリギリを出来るだけ見守っていきたいと話し合っています。生きてるのが不思議なぶんたは、家族の側に居たいだけで頑張ってるのです。医師が、脳に腫瘍があるので、意識レベルや認識が低くなってると話すぶんたが家族の言葉を理解しています。大好きな家族に甘えて側に居たいと言う気持ちだけで寿命宣告から3週間もの間頑張っているのです。お話し出来ない不思議ちゃんなぶんたと明日、おはようと言えますようにとどうか、穏やかな一日でと祈る気持ちなのです。

Comment

非公開コメント