プロフィール

ぶんまま

  • Author:ぶんまま
  • 名前 ぶんた
    犬種:シーズー犬 男の子 先代

    1992年7月30日生まれ
    甘えん坊の男の子
    10歳で僧房弁心不全症と診断され投薬や運動制限、水分制限もあり。管理人の誕生日の翌日、平成21年2月3日16歳と6ヶ月で虹の橋へ現在、お空の住人
    http://blog-imgs-29.fc2.com/b/u/n/buntablog/moko7.jpg

    名前 モコ
    犬種:シーズー犬 女の子
    2008年11月14日生まれ
    2009年3月3日に縁あって我が家へ
    出会い
    わずか、飼ってからたった1か月もたたないうちに里子に出された子(吠える・噛む・フード拒否)と住宅事情で飼えなくなった子。
    会った時点で1.9キロ(生後190日)ちびっこなシーズー
    小さくて先天性の病気になりやすいと感じうちの子へ
    2013年、春、先天性の網膜剥離で発見された時点で右の眼は失明、左目がかすかに光を感じる程度、その後左目の網膜も剥がれ、そのまま視覚を失う。
    2013年アニマルセラピードック適性試験に奇跡的に合格
    現在、お母ちゃんとセラピードックの活動中
    経過観察中だった眼圧が高くなり、2014年に医師と相談し、角膜の炎症などいろいろ乗り越えて、2014年1月28日両眼の眼球へシリコンボール移植へ、手術成功。
    2015年継続犬として2回目セラピードック適性試験合格
    活動中

    管理人:ぶんまま
    大すき:シーズー犬・カメラ・ドリカム・いきものがかり
    欠かさず見るもの:ちびまる子ちゃん

    父ちゃん:母ちゃんより歳下の旦那さま
    モコのお散歩係り
    お姉ちゃん:トリマー,モコの専属トリマー
    息子ちゃん:思春期の高3バスケ男子
    モコの専属遊び相手

    ひとことそうぞ↓BBS
    *BBS*可愛いわん画像を待ってます
最近の記事
最近のコメント
★anthem★
bunta
*bunta*
bookbunta.gif
:::moko:::
moko6668888.jpg
くんくんレンジャー
kado365.jpg
つなビィ
365 CALENDAR
カテゴリ
momoji-ya
参加ランキング
リンク
.1122s.com prince
oukann1.jpg
1122s.com so cute
bunnta111.jpg
momoji-ya.  moko
momoji先生
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
*BIRTHDAY*
甘え上手
charline
cabuntamokomko.jpg
model
DSC_65560.jpg
AKB MOKO
20131028150204f0a.gif
Xmas
可愛いアイコンです
nadesiko
ららさん作
idol dog
idol
idol dog
1427689232aidor123.jpg
愛犬おでかけし隊隊員番号:465 モコ隊員
b0096202_262595.gif
愛犬とおでかけし隊!
http://aikengogo.exblog.jp/ odekaketai_m.gif
愛犬宣言
aikens.jpg
トリマーjp
beauty-dog1.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
北海道ボランティアドックの会
DSCF7652355273.jpg
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

トッピングごはん
無題
トッピングごはん
無題1
月別アーカイブ

食べれたぁ♪(;∇;)

キャリーバックの中でお怒り顔
TS3D0205.jpg
今までずっと、5年強近くに担当してくれていた獣医師へ昨日と今日と電話で相談しました。今の経過などを報告しました。今の時点だと輸液だけして自宅で見守っていくしかないと頑なに引き続きの寿命宣告の続きのようなお話しでした。(>_<)人と違ってお話できない動物相手の医師の見解や判断も様々だと思いますし、個体の差が在るゆえ、寿命などを計測できないって聞きますが、、。心臓だって弱々しいけど心拍だって、判りますし、脈だってはっきりしてて、、食べれなくって痩せてしまったけど、回数も少ないけど尿だって出てますし。ちゃんと、オムツで尿をした事も教えてくれます。たどたどしくも歩けますし。あんなに小さな体で頑張ってるのに、、ただ、見てるだけなのですか?あんなに食いしん坊だったのに食べれなくて自宅で輸液だけって、、心臓の薬だって一生だって聞いたはずなのに止めちゃって良いのですか?輸液が自宅で出来ないなら近隣の病院でお願いしてますって、、勿論に病院へ預けるストレスだってリスクだって覚悟も出来ていますし、食べれなくて吐き出す子の誤飲だって心配だし、どんなにも痩せて小さくなっても懸命に頑張ってるのに衰弱していく姿を家族で黙って”見守る”って言うのは綺麗な言葉だけど、かなりに残酷で過ぎます。本当に、見守るだけで良いのですか?寿命宣告で明日か明後日に何時どうなるのか判りませんって寿命宣告されて2週間も頑張ってるのですよね。ずっと、傍で見守ってる家族は、お話しを出来ないわが子を思い悩んで葛藤や動揺したりの連続です。昨日と引き続きに酸素室での輸液へ行きました。ぶん婆が声が出ない位のひどい風邪になり、今日は、思い切って半日以上、近所の病院へ酸素室での中で心臓の状況を見た点滴へ行きましたぶんたノートを作っていたお陰でどんな治療や薬を使っていたのかなどの詳細のメモも持参出来ました。体力が無い今の状況で更に負担の掛かる検査や治療など望みませんし。簡単な血液検査ですが、弱々しいけど、ずっと闘病していた経過や年齢からしたら不思議にも心臓もまずまずだそう。肺水腫だってなっていませんし、腎不全だってなっていないそう。お薬の量や種類も今の現状に合わせて最低限にしたいと医師と相談して見直しをしました。

5年強もお世話になってきてきっちりとした管理をして下さり、アドバイスを下さったお陰で”肺水腫”にもならなくて腎不全でも無い段階を思うと有難いのだけど、ぶんたの体力では通うには遠すぎなのと今迄の医師の言う見守るだけの生活は、我が家には、出来ません。(T▽T)

うまうま♪
DSCF4251.jpg
食べれて無いので血糖値が100以下でかなり下がってますが、病院でも少しだけ我が家でもかなりにシリンジで食べてくれましたよ。嬉しかったぁ~、、、。マジで涙がこぼれましたよ。(T▽T)
ボクだって頑張ってるんだもん
DSCF4248.jpg
半日、預けてしまい。寂しかったぶん婆は、ぶんちゃ~んって声も出せずに大泣きでした。(^_^;)決して明るい兆しと言えませんし、安堵できないけど、、。病院へ通うリスクも勿論に覚悟していますよ。食べれるような体力が回復したら輸液は一応、止めようと医師と話してます。年齢や病歴や今までの経過をを思うと体力維持的な治療と言うか、毎日を穏やかで過ごせるような治療しか望ぞめないのかもしれません。もしかしたら、明日にでも急変するかもしれません。でも、何もしないで衰弱してるのを見てるのだけは、絶対にしたくはないのです。出来るだけ、最期までとことんに家族が頑張りたいって思うのですよ。かなりに早退や遅刻やずる休み三昧な母ちゃんです。(>_<)4月から職責が変わって人へ教える立場へと変わり微妙に厳しい状況ですが、、。わが子とのラブリーな時間と稼ぎを頑張らないとならないです。明日もオフィス前に輸液へ行っって昼頃に我が家へ連れて行く予定です。ぶん婆の薬はぶんたが傍に居ることだってうるさくって、、、。(^m^)やっぱり、我が家のアイドルだって思うのです。
設備の整った獣医師の多い病院でしたが、今のぶんたには必要ないのかな?って何かの兆候で病気が判っても治療して完治できる年齢でも無いし、過剰な検査は今のぶんたには無理だって思います。近隣の病院は、開業まもなくなので綺麗で親切ですし。今までの病院よりもリーズナブルです。開口一番ですが、、今、寿命宣告されてしまったわが子へ皮下点滴も出来なくてって、、、。穏やかに過ごせるだけの最低限の治療だけで構いませんってお話から、、、。心疾患も詳しい医師がおり、夜間の緊急の対応もしてくれるそうです。今日、缶詰のウエット缶を食べたそうの残りを”支払います”って言ったら、、”おすそ分け”って切り替えされました。(^_^;)今の病院へ行ってから、あと、どれ位何だろうとか考えないようになれています。食べれても年齢からしたら、侮れないのだけど、、毎日を穏やかに過ごせる工夫、一緒に考えましょうの一言で救われました。実は、緩和ケアのある大きな癌の専門病院で入院し治療していた父が個人輸入で健康保険外の抗がん剤まで買っていたそう。末期になり、主治医が大学病院へ紹介状を書くと言いだして、本人も家族も真っ白になりました。何が良いのかって判りませんよね?苦しくて傷みがあって生きてくのよりも、短くても穏やかな毎日であれば何も望まないと思うのが家族の結論です。こんなに頑張ってる白い顔の王子を守らなくちゃです。(^_-)-☆

Comment

はじめまして

パイの母さんのところから来ました。
ぶんちゃん、とってもとっても頑張っていますね。
ぶんままさんも、許されるなら会社を長期休暇取りたいですよね。
きっと、日中の様子が心配で心配でたまらないと思います。
カウントダウンを突きつけた後の飼い主への対応ももう少し何とかならないのかしら?
目の前にいるわが子の体は、『生きよう。生きよう。』と弱いながらも必死で体を動かしているのに・・・
でも、ご近所にきちんと向き合ってくれる病院を見つけられてよかったですね。
何かのときに、諦めるんじゃなくて、きちんと対応してくれる前向きさが、家族にも頑張ろうって力を与えてくれるようで・・・

ぶんたくんは本当に16歳に見えない位キレイなコートでベビーフェイスでv-398
食べてくれたもの、量、出してくれたチッコ、うんPに一喜一憂しながらの毎日。
きっと一日が早くて、でも長いんでしょうね。

また伺いに来ます。

こんばんは~★
ぶんちゃん・・・お目目しっかりしているよ~
ちゃんとままさんのこと見ているよね!!

早退・・・遅刻・・・ズルやすみ大いに結構ですよ~
だって家族なんだもの・・・
人間なら当たり前のことですもの

気になって気になって仕方がないですよね~
近所の病院の選択も有りです・・・
ルルもセカンドで訪れた病院は歩いても数分の距離・・・
やっぱり近さには勝てませんよ!!

今夜から寒くなるんですって・・ままさんの体力は大丈夫ですか?
無理していると思うけれど・・・ちゃんと食べて下さいね~
ぶんちゃんの側でウトウトでも良いから寝てね~
非公開コメント