プロフィール

ぶんまま

  • Author:ぶんまま
  • 名前 ぶんた
    犬種:シーズー犬 男の子 先代

    1992年7月30日生まれ
    甘えん坊の男の子
    10歳で僧房弁心不全症と診断され投薬や運動制限、水分制限もあり。管理人の誕生日の翌日、平成21年2月3日16歳と6ヶ月で虹の橋へ現在、お空の住人
    http://blog-imgs-29.fc2.com/b/u/n/buntablog/moko7.jpg

    名前 モコ
    犬種:シーズー犬 女の子
    2008年11月14日生まれ
    2009年3月3日に縁あって我が家へ
    出会い
    わずか、飼ってからたった1か月もたたないうちに里子に出された子(吠える・噛む・フード拒否)と住宅事情で飼えなくなった子。
    会った時点で1.9キロ(生後190日)ちびっこなシーズー
    小さくて先天性の病気になりやすいと感じうちの子へ
    2013年、春、先天性の網膜剥離で発見された時点で右の眼は失明、左目がかすかに光を感じる程度、その後左目の網膜も剥がれ、そのまま視覚を失う。
    2013年アニマルセラピードック適性試験に奇跡的に合格
    現在、お母ちゃんとセラピードックの活動中
    経過観察中だった眼圧が高くなり、2014年に医師と相談し、角膜の炎症などいろいろ乗り越えて、2014年1月28日両眼の眼球へシリコンボール移植へ、手術成功。
    2015年継続犬として2回目セラピードック適性試験合格
    活動中

    管理人:ぶんまま
    大すき:シーズー犬・カメラ・ドリカム・いきものがかり
    欠かさず見るもの:ちびまる子ちゃん

    父ちゃん:母ちゃんより歳下の旦那さま
    モコのお散歩係り
    お姉ちゃん:トリマー,モコの専属トリマー
    息子ちゃん:思春期の高3バスケ男子
    モコの専属遊び相手

    ひとことそうぞ↓BBS
    *BBS*可愛いわん画像を待ってます
最近の記事
最近のコメント
★anthem★
bunta
*bunta*
bookbunta.gif
:::moko:::
moko6668888.jpg
くんくんレンジャー
kado365.jpg
つなビィ
365 CALENDAR
カテゴリ
momoji-ya
参加ランキング
リンク
.1122s.com prince
oukann1.jpg
1122s.com so cute
bunnta111.jpg
momoji-ya.  moko
momoji先生
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
*BIRTHDAY*
甘え上手
charline
cabuntamokomko.jpg
model
DSC_65560.jpg
AKB MOKO
20131028150204f0a.gif
Xmas
可愛いアイコンです
nadesiko
ららさん作
idol dog
idol
idol dog
1427689232aidor123.jpg
愛犬おでかけし隊隊員番号:465 モコ隊員
b0096202_262595.gif
愛犬とおでかけし隊!
http://aikengogo.exblog.jp/ odekaketai_m.gif
愛犬宣言
aikens.jpg
トリマーjp
beauty-dog1.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
北海道ボランティアドックの会
DSCF7652355273.jpg
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

トッピングごはん
無題
トッピングごはん
無題1
月別アーカイブ

過保護で何が悪い?(-"-)

餃子サン達
DSCF4615.jpg
私、姪になるのだけどね。父方の妹さんの叔母が宅はラーメン店を営み、本格のプロの味の餃子とチャーシューを送って頂いてお礼の電話をしました。ぶんたを知っており、直に何度か、会ってるだけに『ぶんたっ、今、どう?』って聞かれちゃっい、かくかくしかじかって説明したり。(-_-;)個性的?なキャラの強い叔母に何故か?説教?されたり。叔母宅では、今までにシーズー1匹、猫さん2匹、パグちゃんを飼っていたそう。フィラリアの予防をしなかったらしいし、混合ワクチンだってしてなくってらしい。老化や病気になるとほぼ放置だったみたいらしくて、、。我が家のような”家族”って形じゃないのだって感じるのです。それって、どっちが正しいとかじゃなくて、価値観の違いだって思います。叔母の話を右から左へ流してしまい、母って”兄嫁”の立場なんだってしみじみに思い、ぶん婆の立場をを思うと上手く姪として?角を立てないようにお礼を言いました。(;^_^A
ママぁ~♪
DSCF4613.jpg
一昨昨日、有給でまったりにぺったりと引っ付いて過ごした。実は、一昨日も連休で有給を取って居たけど結局、月末で携帯で朝に呼ばれ出勤したり。(涙)何だか、体調も気になってしまっており、病院へ連れて行くべきかって、、。ぶん婆が”完治する状況じゃないのに、移動のストレスや負担って考えてるの?悪戯にぶんたの嫌いな病院へいく必要ってあるの?”ってぶん婆が言い出す。引き続いて話す言葉が、”ぶんちゃん、懸命にママへ甘えたくってね。してやったりしてる?部分と本当に不調と好調なリズムってあるの?それって、ちゃんと判ってるの?って言われちゃいました。そして、後へ続いてる言葉が”まだ、生きていたい、甘えたい”って感じ無いのって、、、。ぶん婆の話しにうんうんだったりなのです。”頑張りすぎたり”、”甘えたくて仕方ないぶんた”も余力も無いのに頑張ってみせたり、辛そうに見せたりなど。(^_^;)勿論、ぶんたの全部を知ってるつもりです。

昨日と今日、ぶん婆がぶんの食欲の状況に合わせてシリンジご飯の工夫してくれ、で思ったより、沢山に食べさせたそう。ポカリの飲んだ量も多いそう。なので?食べたせいか?飲んだせいか?尿の量も聞くと昨日と今日は多いです。(ホッ)お疲れでへとへとになっていたりなぶん婆さんだったり。

昨日の深夜です。少量だけど、3日振りですよ。介助してだけど、驚くほどに有形な立派な○んぴぃをしちゃったりなぶんたさん。その頑張りが嬉しくて、愛しい想いが溢れて○んぴぃを見て涙が溢れましたぁ。深夜に○んぴぃ見て涙するってかなり?変だったり。(^_^;)

実は、今日、電話で医師と相談しました。

今までの経過を見てる限りに”前庭疾患”では無くて、多分、詳細な検査は出来ないのだけど。小脳と延髄の神経障害か腫瘍だとハッキリと言われました。(T▽T)あれこれと諸注意をお聞きし、管理などのの再確認しました。勿論、油断なら無い状況なのですが、結論からすれば”あの子は頑張り屋さんだから”お母さん、神経質なるお気持ちは判りますが、予測出来かねないってお返事でした。遠まわしに言われちゃったかも?な気がします。血液検査は様子を見てからと言って下さり、あれこれと諸注意や検査へ連れて行くべき段階など、、、。既に貧血ですし、首の静脈からしか採血出来ませんし。一番にぶんたに負担の無いようなタイミングでの血液検査であって欲しい、的確な時期を見たくて医師へを確認しました。

朝と夕ですが、ここ数日、やや低体温気味みたいなのです。室内の気温を上げて湿度も60パーセントにし、冬ですが、寝室ではママは半袖です。脱水気味なので、あんかってどうなのって思いもありましたが、医師の指示の元で体温に応じてペット用のあんかを入れてみることにしました。正直、尿毒症が気になって仕方ないのです。ぶんたの口臭を嗅ぎ回るクンクン星人に私はなっています。(^_^;)

ここ、最近、脳の発作が深夜に頻繁に(群発)で起こってます。(号泣)
体力が無いのでリアクションが小さいのでちゃんと見てないと判りずらいのですよ。大事なのは冷静に診てあげて判断し、薬を飲ませるタイミングや量を見失ってしまわないことです。週末の低気圧があってかなり頭を悩ましております。

脳の発作を抑える薬が多いと肝臓へ負担増、飲ませるタイミングが悪くて長い発作が続くほどに脳が壊れます。数日前から、にゃんにゃんと可愛い声で知らせてくれて尿の排泄をお知らせしなくなりました。(・_・、)"そのお知らせの無い分、ちゃんと、人が見てあげれば良いって思うのです。今のぶんたは、ママとぶん婆が識別出来ます。それだけでも充分だって思うのですよ。ともかく、”何時もと違う”ってぶんたの異変を気づきたくて仕方ないし、こんなにも懸命に頑張ってるぶんたへ何が出来るのだろうって、、、。ママは君が望むなら甘えたいだけ甘えさせてあげたいのです。

何かで読んだのだけど、、、。みんな生まれつきに、空のコップを持ってるそう、そこへ少しづつ、色々な寿命を決める水が注ぎ込まれるそう。溢れない時は、調子が良くて、溢れそうでこぼれた時は調子が悪い時ですと。シンリンジご飯は工夫し、ぶんたの体調に合わせて回数でクリアしていくしか無いです。そして、嫌いな病院で首からの採血だけど君の体調に合わせて良い時にしなくちゃて思います。君の無言の頑張り、本当に偉いよ。そして、大好きだよ!

食欲低下(;∇;)

ぶんちゃん
DSCF4612.jpg
頭を撫でると嬉しい溶けた顔をする。一緒に寝んねって抱っこすると鼻がぐ~~って鳴る。^m^おでことおでこをくっつけてお話したり、頭を撫でたり、うんじゅ~って〔*⌒Э⌒*〕大好きよん♪攻撃でメロメロになってる姿で逆に癒される。毛が少なくなってるから柔らかいタオルの上から優しくマッサージしたら喜ぶぶんたの姿にでれでれしちゃう。(/▽\)ギリギリで頑張ってるのになんて偉いんだろうって親ばかが炸裂すると同時に脳の発作を目の前にすると何も出来ない無力な自分が申し訳ない。あれこれと悩みながら工夫して治まった時、頑張ってるぶんたへ何が出来るんだろうって思いがこみ上げる。食欲があるのだけど、飲み込みが弱いし、て口内炎もあって食べにくいので今のペーストのご飯にダイエットキド○と退院サポー○の半分を混ぜてポカリを多めに加えてミキサーで作ってみた。シリンジも大きさを30CCへ変えて回数で勝負したいけど、1本目の途中で吐き出しちゃう。(T▽T)ポカリも飲まないって頑張られてしまう。なんとか粘って食べさせてみたけど。(^_^;)皮下輸液の量が100CCだけになってるせいもあるけど尿の量がやや少ない。明日、病院へ電話して相談し、様子をみて食欲の状況をみて今週末か来週に連れていくべきか(悩)最期の最期までもがいてもこの子から受ける生のメッセージを無駄にしないで少しでも穏やかにすごさせてあげたい。

おサボり(^_^;)

今日のボク
DSCF4598.jpg
ぶんちゃん~って声を掛けて、頭を撫でると嬉しくて溶けた顔をする。^m^小まめに蒸しタオルやケアグッズを活用して綺麗にしてるのだけど、薬の副作用で毛が抜けてしまってるし。トリミングへ行けないからママカットでぐしゃぐしゃになってるのだけど。最近、眼振(自分の意志と関係なくおこる異常な眼球の動き)も頻発に起きてるって思う。先生はもしかしたら?脳の延髄への障害があるかもしれないって話してました。脳の延髄へ障害をきたすと”食欲の低下”と言うか、、、食べれなくなるらしいのです。実は、”眼振が気になり、調べてみました。特発性前庭疾患”ってあり、突然、しかも中年~老齢の時期に起こる病気でして、犬種に関係なく、どの犬にも起こります。そして前庭の病気の中では内耳感染に続いて、2番目に多い急性の前庭異常です。血液検査や尿検査において、他の疾患や炎症を思わせる所見が認められないことが前提らしいのだけど、、、。既に腎臓や心臓への疾患を患ってるぶんたには該当しないのか?耳は綺麗で疾患が全く無いのですよ。医師へ聞いてないので、安易に判断は出来ないのです。病気が完治できるより、シリンジでのペーストのご飯でも思うように口運びが出来ないのが重大なのです。でもね、ぶんたが、頑張って食べようって気持ちも判るのですよ。少しでも食べようとしてるって事が、”生きる意志”を持ってるんだって思うのです。人と違ってしがらみなど無い、動物の本能の故、から”生きるために食べる”って思えたならないのです。シリンジでのペーストの処方食を工夫し、回数でクリアするしかないですよ。1~2時間~おきでシリンジで食べさせるけど食欲が落ちてる?飲み込む力が落ちてるって思えてならなくて。ママ、気になっており、月末なのに有給で休んじゃったり。日中、体温が36台へ下がり、足の静脈の薄くてマジでびびりました。(;∇;)ぶん婆曰く『ママがボクの為に会社を休んで、ずっと傍に居てくれて嬉しい、だから、甘えたくって具合悪い振りをしちゃってるの』言いいますし。今日も生きてくれてるならその真相なんて、、、。どうでもいいいですよ。(~_~;)
ダイエットキド○ 
DSCF4606.jpg
お湯で溶かして緩く伸ばして昨日と今日で約半分を食べました。溶かすと、、、。牛乳の味だそうです。嬉しい。拒絶しないでくれており、騙し、?飲ませてます。過剰な延命?って言われちゃいますか?延命じゃないですよ。あの甘えん坊で我侭なぶんたが頑張ってるのだから、、、。絶対、諦めちゃいけないのですよ。もしかして?眼が見えてないのかもしれないけど。悲しい顔や言葉は話せません。ぶんたが私の悲しみや苦悩や葛藤を読み取り、悲しくなるのだから。ママの笑顔や励ましってもしかして?お薬より凄いって思うのです。”大丈夫だよ”って抱きしめて”偉いよ、お利巧だよ、大好きだよ、愛してるって四六時中、言ってあげたいです。


何かで読んだのだけど、、、。

人も動物も生まれた時から一生の心臓の動く回数は決まってるのだそうです。最愛の父が末期がんだと言われ、正直、自分の命が縮まっても構わないから生きる時間をあげたいって思いました。叶いませんでした。もしも、ぶんたとの生活が限られた時間なら、ママが円パゲしても、目の前の事をコツコツしてあげるしかないです。

バタバタと(^_^;)残業

フードの工夫
DSCF4587.jpg
昨日、書きかけてた時、ぶんたが脳の発作を起してしまって(^_^;)抱っこをしてて慌てて消したら中途半端でアップしてました。(汗)低気圧もあって昨晩は2時間おきの抱っこでした。ぶんたの場合、狭い空間だと発作が治まりやすくて、抱っこするのも発作が治まりやすい。パソ前に座るとあんなにぐっすりに寝ていたのにママが居ないってにゃんにゃん鳴かれたり、今晩は少し落ち着いてるので書き直しました。中々、更新が出来なくてすみません。σ(^-^;)

恒例の残業週間で帰宅後にぶんたの世話に追われ、ぶん婆の一日の出来事を繰り返し聞き労い、(この年代は同じ話をリピートします 汗)睡魔に襲われ、深夜の発作に襲われ、挙句に水曜の夜に38度の熱まで襲われました。風薬を飲んで焼酎の熱いお湯割りと冷えピタで朝には熱が下がり仕事へ。知恵熱?だったのかもしれない。(苦笑)今、倒れるわけにはいかない。(T▽T)月曜に退院サポートの代わりに腎臓サポートとh/dを貰ってきました。h/dは硬くて、ポカリでのばしてもミキサーが止まる。何とか出来たけど何だか?口滑りが悪そうなので腎臓サポートを加えて、ポカリも足して、もう一度、ミキサーでペーストにしてみました。
ぶんたご飯
DSCF4593.jpg
食べやすいみたいです。(ホッ)双方、以前から食べていたフードだから下痢も無くて○んぴぃは2日に一度出てます。^m^一度に食べれる量は少なくなったけど”まうまっ”とご機嫌に食べて眠り、おしっ○をにゃんにゃん~♪お知らせして、時々に脳の発作もありますが、ぶんたのご機嫌に合わせての食事なので回数は多いのです。そう、食欲が落ちてるし、体力の低下や体重の減少、Albのたんぱく質の数値が下がってるので蛋白質の吸収を上げる栄養価の高いものって何か?無いのかな?頑張って機能してくれてる腎臓へ負担の無いたんぱく質でリン酸が少なくって深夜に探してました。必須アミノ酸含有量を高めた犬の急性・慢性腎疾患用の高エネルギー経腸栄養食で”チューブ・ダイエット(キドナ)”を見つけて医師へ相談し、ネットなら自宅に居たままで受け取れます。ネットで注文をし腎臓や心臓の処方食も一緒に注文しました。本当は、好きな物をあげたいのだけど大好きだった牛肉やジャーキーなども柔らかく工夫しても食べて飲む力が無いようなのです。シリンジでペーストが一番にぶんたが食べ易いようなのです。
ぶんたさん
DSCF4592.jpg
僧帽弁閉鎖症不全で全身に流れる血流量が落ちうっ血状態になったことでの脳浮腫か何らかの脳障害が現れ、眼振・首の斜傾や立てなくなったの症状、脳の発作での対処療法の抗てんかん薬で肝臓への負担増で7万台まで跳ね上がった肝臓の数値、下がってやっと千台になりました。心臓を思っての水分管理や腎血流量が減っての慢性腎不全になって2ヶ月を経た。幸い、Creなどの腎臓が正常値で肺水腫が無いのと数値は落ち着いてるなんてぶんたの頑張りって凄いねって毎晩、毎朝、ぶん婆と話しています。母娘で取りあっこしたり、ぶんたを囲んでぶんたの頑張りに頬が緩むのです。o(^-^)o見た目は、違ってきてますが、”生きたがってる”って思えてならないし、家族の傍に居たいのだと思えてならないのです。だから、日々の調子で、限られた時間を感じてしまう瞬間がありますが、少しでも食べてくれるなら、諦めてはいけないし、悲観し、悲しい顔を見せたり、悲しい言葉は言わないでいたいのです。笑顔で大丈夫だよって抱きしめてあげるのが良いよねって、、ぶん婆と何時も話しています。ぶんたの姿をみて赤ちゃんみたいだよね、可愛いよね、頑張ってる姿に癒されたりする事も多いのも事実です。明日は、まったりとお世話をして抱きしめて過ごしたいのです。

検査の結果

お薬
DSCF4545.jpg
抗生剤、エースワーカー、脳の発作の薬2種類、ノビフィットからウルソへ変更なり。脳の発作が少なくて?薬を使わなくて済み、かなり、眠りが深かったそう。脳の発作が少ないのか?脳の発作のリアクションをする体力が無いのかもしれないが、今回から試験的なのだけど、副作用のあるステロイド剤の服用を打ち切りになったのは嬉しかった♪ママの薬の徹底した厳重に管理体制だす。
眼薬
DSCF4546.jpg
今までの抗生剤入りの目薬を使っていましたが、同様にドライアイで陥没した左目の治療の為、今日から新しい軟膏が追加になしました。
フードのあれこれ
DSCF4544.jpg
今のぶんたさんは、スペシッィ○オンリーなのだけど。。腎臓や肝臓や心臓へは、良いのだけどね。この処方食って相当にローカロリーなのですよ。処方食だけの問題ではないのだけど、、。たった、2ヶ月の間4.6キロから4.15キロまで痩せてしまいました。(;∇;)それと”Alb”が下がっており、栄養価の高いフードを食べた方が良いとの話し。病院に必ずあるはずのでの”退院サポー○を昨日、”を数缶を頂いたのです。が、その缶の成分上をよく考えて悩んでました。実は、再度、今日、電話し、悪戯に”BUN”の数値が上がった経験だってあるので負担の無い別のカロリーの高い処方食のヒル○ズのh/d缶の注文を病院へお願いをしました。勿論、格安でのネットでも買えますが、今の病院で細かく診てくれており、少し?割高?電話手前もありそのフードを週明けで分けて下さるようにお願いしました。
血液検査の結果
DSCF4551.jpg
赤血球と白血球が共にやや下がってます。腎臓の数値の”BUN”の数値は規定内でした。”Cre”、”k、Na”や記載は無いけど安定だそうですよ。肝臓の数値のALPは、前回、驚きの7万台だったのですが、(^_^;)脳の発作の薬が少なくなっており、その薬が減少し、千台まで下がりましたよぉ~!。(^_-)実は、ママメモで記載してましたっけ。気になっていたここ数日で時々に起こるぶんたの”眼振”なのですが、左右へ眼がしきりに動いたりで気になってましたよ。ペーストのシリンジご飯だって飲み込みも悪くっていますしね。CTやMRIの設備のある大学病院へ紹介状は書いて貰えますが、絶対に必要な全身麻酔が出来ない今のぶんたの心臓なのですよ。数時間の検査に耐えられる体力や移動など勿論、、無理だって知ってますし。うんうん、その”眼振”を見た医師のし話しから、、、。小脳の下の延髄に何か不具合があるようかしれないと...言われました。(ToT)脳の延髄って、、どうなんだろうというのですが、、、。。脳の最下部に位置しており、精髄の上方に位置してます。呼吸や血管運動や消化の調節や平衡感覚や反射や器官の保護の反射などなどの中枢が集中してる”生命維持の重症な場所”です。”眼振”(眼が左右に動く)は今後も慎重に見守っていかなくちゃです。もし、延髄に不具合があるなら食べれなくなってしまうそう。数値を見ている限りだと毎日に行ってる皮下点滴=輸液ですが、150ccから100ccへ変更となりました。あくまでぶんたの場合ですが、、、元より、肝臓は老犬ながらも模範的な正常値だったのです。心臓に原因がある場合での脱水症状、出血等の血圧が乱れる状態に陥る事により、腎臓に送られる血液が不足し、腎臓の働きが低下し、腎臓病になったのだから。数値だけでは見えないぶんたの生命力や頑張りにママも頑張らなくちゃ!少しお手伝いしたけど今日も○んぴぃが快調です。週末のお世話週間まったりと過ごします。o(^-^)o

連休半ばですね

ねぇ、ママ、ボクを沢山褒めてね
DSCF4498.jpg
昨晩、12時を回ってからアウラ(兆候)を感じ、1時間後との脳の発作でした。既に次の発作が判るんで必死でした。最近、朝だけの皮下点滴ですが、気配が判るらしくて翼状針が刺さったままで器用に動いてしまって、、。騙して、もう一度、場所を変えて刺しています。やや細い翼状針は少し痛みが緩和されるので頂いてきてますが、当然の速度が遅いのだし。難しい10代ですね。今日は、ラクツロースを数的ポカリに溶かしてあげてみました。抱っこしたら、いきなりにおな○をぶぅ~ってされちゃい。(苦笑)介助はしたけど、ご機嫌に快調に出してくれました。昨晩、深夜の12時過ぎから量の多いおし○もあり。(ホッ)体温や脈も安定、肺の音も綺麗だし、来週の検査まで様子をみようと思います。うんうん、ゲットしたパンパー○サイズがぴったりでした。(*^▽^*)vこの頃、深夜から明け方に脳の発作が多い傾向です。母ちゃん、しっかりと守っていかなくちゃって思います。
ささやかなご褒美
DSCF4508.jpg
遠方のカフェまでは遠くてコンビ二スーツだって中々、リーズナブルでおいしい♪バナナのチョコムースとイチゴのプチシュークリームと紅茶でホッと一息です。昼間からぶんたといちゃいちゃで昼寝をしたりしておりました。眠りが余りにも深くて一瞬、ヒヤヒヤします。明日まで連休です。まったりといちゃいちゃしながらぶんたの管理や気になる事をφ(.. ) メモメモして来週の検査に持っていきたいと、、。一日を大事にしなくちゃです。

何時だって、ずっと、一緒だよ

ママぁ、うんにゃぁ~にゃん♪

アップするか迷いましたが、甘えん坊のぶんのおしゃべりでした。頭を撫でながら脳の発作のアウラ(前兆)が無いかを必ず確認をします。ぶんたの場合、頭の左上に振動や反対側の口の右側に振動がありそれが脳の発作の兆候なのです。発作の兆候を(アウラ)を感じたらシリンジご飯やポカリを誤飲させない様に食べさせ、飲ませ、抱いて反応を見て薬を飲ませるタイミングを判断します。発作の頻度など、体調にムラがあってこれが難しい。(T▽T)タイミングが遅いと薬が効くまでの間に重責発作となって次の発作を引き起こしたりします。今更だけど発作の時間が長いと脳への損傷が致命的になります。極端に脳の薬を飲ませないと脳内の血中濃度が不安定になり、逆に発作を起しやすくなります。脳の発作が判った段階で小まめに血液検査をし、血中濃度を見てお薬の量を加減できれば良かったのだけどね。深夜から明け方が脳の発作が頻繁だったので寝ないで薬の管理が出来ていたけど、数日で、日中にも頻繁に脳の発作を起すようになってしまい、ぶん婆が食べれずに衰弱してるぶんたが起すその脳の発作の様子に驚き怖がってしまい、薬の量が増えてしまった。今は、ぶん婆が”コツ”を掴んでくれ、逆にアドバイスをしてくれたり、薬の量は、ほぼ規定量の範囲内で治まっています。正常だった肝臓の数値が振り切ってしまっのだけど。私が付いていても大丈夫だった保障は無いですし。医師も今の脳の発作の薬の副作用が出るまで頑張れないと思っていたと話していたのだし。脳の発作で食い縛りからだと思います。歯の当たる口の奥側の左側だけだったはずの口内炎が、右側にも出来ております。今日、化膿した袋が壊れ傷となりました。消毒隊の隊長のママは必死で消毒し、他のも口の中に傷が無いかと入念に見ております。
届きました♪
DSCF4495.jpg
ヤギミルクプリン3箱と尿パッドとマナーベルトです。送料分を思い尿パッドを追加。今までのマナーベルトは、痩せすぎてしまい、大きくて使えません。微調整に使えるかなって思い、一応、ゲット。無駄かもしれない(汗)ともかく、本当に時間が無い。(ぶんたとの時間を大切にしたくて)ママの血中濃度も悪いのか?全然、頭が回りません。毎日のお世話は勿論、今までの事でも、、、。こうすれば、ああすれば?良かったとか、反省や後悔の連続です。あれやこれって思い出し考えだすと本当にキリが無い。(T▽T)多少の無駄でも、一緒の時間は大切にしたい。ぶんたの頑張りを信じて一日を大事にしていくしかないです。ここ最近、夜中12時から2時間起きの脳の発作でへとへと気味で一昨日寒気がして熱を出しました。(-_-;)深夜にゴソゴソと風邪薬を飲み、禁酒中ですが、熱い焼酎のお湯割りを飲んで着膨れで寝ました。発作の度に汗だくなので着替えをし、翌朝には36度台に下がり、会社も行きました。丈夫に生んでくれたぶん婆にひたすら、感謝です。(苦笑)今日から連休です。ヽ(≧▽≦)ノ朝から整骨院へ行き、内科でにんにく注射をして貰いました。甘えが益々強くなってるぶんたの添い寝し、お世話をしながらダラダラ にぶんた中心の生活に徹しています。(*vv)
パンパー○ゲット
DSCF4494.jpg
昨日、通気性と肌さわりに重点を置いて、○リーズとパンパー○とを見比べ、迷った。ホント、売り場でリーズナブルな安すぎる価格にびっくり。子供用の尿パットも良いなって思います。体重でしか記載が無くってウエストなどのサイズは不明なのでネットで事前に調べてみたけど判らないのでした。
サイズは?どうかな
DSCF4504.jpg
形や幅が違うけど長さだけならユニチャー○のペットSサイズとほぼ同じか少し短いみたい。ぶんたはウエストはかなり細いのでユニチャー○のペット用だとSSサイズだとでギリギリ、股上に合わせるとSサイズなのです。工夫すれば、使えそうですね。(^_-)-☆
まにウオーターが届きました♪
DSCF4497.jpg
皮膚の弱い子だって大丈夫だって教えてくれたお友達に感謝です。早速、テッシュやコットンに含ませて顔回りを拭きました。ポカリやシリンジのご飯が多くて口周りが汚れてしまいます。蒸しタオルやシャンプータオルでも拭いてますが、無害でスプレー式なのは使い勝手も良く助かります。p(^^)q
ぶん婆ちゃんも大しゅきなの♪
DSCF4502.jpg
大好きなヤギミルクプリンをシリンジで食べた後にぶん婆ちゃんのお膝の上で寝ていたら事件が起こり、オムツがずれちゃっていたようで、おしっ○が漏れちゃったみたい。(^_^;)私の休日だけでもぶん婆に休日をあげないといけないなって思っておりました。が、ぶん婆の焼餅なのかもしれませんがっっ、ぶん婆は、”膝の上で眠ってくれ、抱かれて嬉しくてたまらなくてウレション”したのよっ自慢らしい。マジで大喜びなのです。ママの特権として、私が休日だとぶんたを独り占め?しちゃうのだし。来週の検査を前倒しして、尿の量がやや少ない、体重が少し減ってる、○んぴぃの量が少なめでと血液検査から週間経過しており、他に気になる事もあって明日に病院へ行くか迷ってると話すと、、、。ぶん婆曰く、『若くて将来があって完治する場合じゃないのでしょ。ぶんちゃんの病院へ行くストレスや寒さだって考えてあげなくちゃいけないんじゃないの?ママが神経質で過保護過ぎるのじゃない?付き合わされるぶんただって、疲れちゃうよ』って、、、。(-"-)完治が出来ない病気を抱えてるのは、良く判っていますし、貧血だってあり、悪戯に血液検査したいとも思いませんよ。ぶんたの頑張りに答えたくママも微力ながら頑張ってるのだけど、、、。もしかして?頭が回らなくて見逃してしまっていたりしたら、限られてる時間なら、なおさらにもっと、早く気づいて対処してあげれるならって思えてならないのです。ぶんたにとって、5日後にするか、しないか、今晩、ゆっくりと考えてみます。(._.)

今日は?

パイ君のファ○掲載
DSCF4394.jpg
仲良しのお友達パイ君の掲載されてる雑誌をバックナンバーでやっと手元に取り寄せ出来ました。正月明けですが、今日は出先から直帰出来る日です。帰り道、整骨院で治療を受けました。元より、酷い肩凝りですし、頚椎は3年前の追突事故の後遺症もありますし、先生には言えなかったけど、、、。ぶんたを抱いて寝る姿勢も難があっての事なのです。現在も左後方へ振り返りが出来ませんので、しばらく、通院しないといけないようです。(^_^;)私の美容室ですが、実は、3ヶ月もご無沙汰なのです。ぶんたとの時間が欲しので仕方なく、市販の物で初めて自分で染めてみたけど、案外いい感じでした。(*vv)
トレーナー抱っこ布
DSCF4481.jpg
ぶんたの脳の発作の場合、狭い空間だと安心するそうなのです。抱っこ布?着なくなったトレーナーやフリースで包み込んで袖を腰に回して縛り、抱っこします。密着度があるようで抱っこ布の中でスヤスヤ寝息を立ててイビキもあったりなのです。これで、脳の発作での薬の量が減りました。手が開くのですし、腰への負担も少ないのです。勿論、昼間の病院へプチ預かりの時も持参してます。ママのトレーナーやスリースで相当に安心してると医師から聞きました。今日、早い帰宅なのでまったりと、いちゃいちゃと一緒に雑誌を見たりと過ごしました。
今日もうまうま♪
DSCF4484.jpg
処方食をミキサーでペーストにした物をシリンジで食べさせています。首の奇形があるので”誤飲”させように工夫にかなりに気を遣います。ちょっと手伝ったけど有形の○んぴぃあり、尿の量もまずまずです、体温もやや低めながらも安定、心音や血圧も正常で肺の音も綺麗なのです。(ホッ)シリンジご飯はぶんたの小腹の空く時期に対応をしたくてと脳の発作時にも使うので既に詰めた物を数本を冷蔵庫で保管してます。時々使うヤギミルクプリンは発送したお知らせを頂きました。嬉しい溶けた顔を見れると思うとわくわくですし、水分が多いので誤飲をしやすいぶんたには食べやすい大好きなおやつです。( ̄ー ̄)ニヤ...あのプリンと輸液だけで頑張ってくれていただけにストックしていたいのです。

これは、どうなんだろう?あれってどうしたら良いの?医師へ相談出来る事と出来ない事がありますよね。嬉しい悲鳴なのですが、ぶんたの頑張りに先の事を全くに予測が出来ません。懸命に頑張ってるぶんたが快適に穏やかな毎日を送らせてあげたいって思うのです。なので、無駄とかも思わずにオムツなどやケアグッズなど切らさないようにしています。実は、特に経験した先輩お母さん達の励ましや経験談やアドバイスってめちゃめちゃに参考になっています。経験してる先輩ママたちのアドバイスや励ましや一緒に頑張ってるワンちゃんママの支えあってなのです。このお優しい温かい支えで、随分に助けられ、今まで親子で頑張ってこれました。(;∇;)昨日のブログを読んだ方が、オレンジエック○よりも皮膚に負担が少ないと別のグッズをお知らせ下さり、有難く、嬉しい限りに今日、ネットで探し、早速に注文をしました。皮膚が弱いシーズーなのに16年もの間、皮膚炎や耳垂れなどとは無縁だったぶんたなのですが、感染症の疑いや毛も少なくなっており、抵抗力も無くなっていると思われます。皮膚炎になってしまったのなら、抵抗力が無いだけに完治するには時間が掛かるはずですよね。ぶんたが初めてのワンですし、ママの傍に居たくて状況が厳しいのに頑張ってるぶんたに中年のママの私の気が回って無いって猛反省したりの毎日だったりです。(^_^;)沢山のお友達の温かい励ましを頂きながらも今日もどうにか、過ごせるって嬉しくってなりません。ブログや拍手へ沢山の書き込みを頂いており、バタバタモードでして、ブログの書き込みのレスすら滞りますし。リンクしてるお友達以外の方へお願いです。お差し支えなければですが、どうか、ブログやhpのアドレスのご記入をお願いします。今は、立て込んでおり、書き込みをしてくださった方へのブログやサイトへのお礼へ中々伺えませんが、いずれ、、、お礼を言いたくてご縁とも思うのです。ぜひ、伺いたいとも思いますので、どうか、宜しくです。<(_ _)>

ぶんたさん

わがままいっぱいの頑固爺ちゃん
DSCF4430.jpg
頑固な我がままじいちゃんってっ、おいらのことでしゅか?ママや婆ちゃんを困らせたりしてましぇん。ボクは本当に凄くお利巧で、我がままじゃ無いでしゅよ。言いたげなって顔をしてませんか?^m^吼えて”ワンワン”って無いけど、そう、、あにゃ~んって良く鳴きます。言葉は話せないけど、排泄をしたお知らせ、甘えたい、喉が渇いたなどのあれこれを教えてくれます。今日、輸液や薬を貰いがてらもあり、オフィスの帰り道に私独りで病院へ行きました。実は、ソロソロの今週中、血液検査なのです。ここ最近、脳の発作の頻度が少なくと言うか、工夫が出来ており、規定量よりも薬が少なくなっております。尿の量も食欲もまずまずですし、有形の○んぴぃも自力で出してくれています。ぶんたは、血管が細く、首の静脈からじゃないと血液の採取出来ません。”腎臓や肝臓を思うと血液検査は避けられず油断を出来ないのも承知の上ですが、”貧血”があるのですよ。今のぶんたの負担にならない間隔の血液検査などを相談したかったのです。体温計を刺すのは、可哀相だけど、体温は朝と晩に必ず測っており、食べたペーストの処方食の量、体重や体調やご機嫌などを話すと考えると今週じゃなくても来週で”血液検査”は来週でも大丈夫だそう。但し、食欲が落ち、低体温が続き、ゼイゼイや下痢があり、尿の量が少なくなれば、即刻で病院へ走らねばなりません。気になる事を細かく聞いちゃいましたよ。
ベストなアイテム
DSCF4476.jpg
ステロイドなどを含めての脳疾患の薬の副作用で相当に毛が抜けております。部分的に薄いというか、あんなにふさふさだったはずです。うんうん、、、。毛がありません。う~~ん。(;∇;)皮膚の炎症など起しやすく、毛が無いと、怪我もしやすいので、”毛玉”でも取らなくても構いませんって医師から言われちゃい、シャンプーは避けて下さいねって。でも、皮膚は清潔にしてあげてくださいねと。。。でもね、、トリミングへ行ったり、シャンプー出来る状況でも無いのですよ。大事な必ずのお手入れアイテムですが、水無しシャンプーとウエットのシャンプータオルや蒸しタオルってかなりの必須で重宝してます。事前で聞いていましたよ、今日の昼休みにゲットしたオレンジ○ックスって効果って良いかなって♪今日、お湯にその液を数倍に薄めて溶かし、浸したタオルで拭いてみました。液を染み込ませない蒸しタオルよりも汚れ落ちも良い、香りも良いし、清潔にも感じます。
すっきりしたのじゃ♪
DSCF4472.jpg
今日、医師と話し、脳疾患や腎不全を患っているはずなのに、ぶんたさん、相当に”意識レベル”って高いそうですよ。意識レベルって?何だろう??

●意識障害の原因?●

大脳への酸素供給の減少(呼吸が止まるなど)
循環障害(心臓停止など)
脳圧亢進(脳圧が上がる)
脳浮腫(脳がむくむ)
脳の代謝に必要な物質の供給異常(ナトリウム・クロール・糖質など)  

●意識障害を起こす疾患
①脳性障害:脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・脳腫瘍・脳炎・髄膜炎・てんかん・頭部外傷など
②代謝性障害:糖尿病性昏睡・低血糖昏睡・尿毒症など
③外因性中毒:アルコール中毒・薬物中毒・一酸化炭素中毒など
④理学的障害:日射病・熱射病など
⑤その他:ショック・アダムスストークス症候群・ヒステリーなど 

情け無い話ですが、、、。元気で若い頃から、お手もお代りも出来ず、家族の心を満タンにする力がありますよ。世の中で言うような芸達者な”一芸”なんて出来ませんでした。今のぶんたは、ちゃんとぶん婆と私の識別が付いており、それぞれ、甘え方も使い分けており、ちゃんと鳴いてお知らせだけ出来るだけでも”優等生”らしいのなのですよ。そう、立てなくなってしまったけど”微妙にちゃんと動けます。ちゃっかりと、移動し、私の腕に抱かれ、私の枕で寝てますしね。ともかく、、、。やむ負えず、週単位で物を考えてしまいます。明日を信じて頑張らないといけないなって思うばかりです。

明けましてm(_ _)m

おいししでしゅよ
DSCF4424.jpg
昨日の晩と今日の晩、頑張ったご褒美に大好きなソフト牛肉を油を引かずに焼いて肉の脂はキッチンペーパーで取りました。
うまうまでしゅ
DSCF4422.jpg
ぶれぶれ画像です。
数値が気になるので小さい、2枚だけですが、牛肉をご機嫌に食べてます。^m^眠りの深さや薬の都合などもあり、誤飲をさせたくないので飲み込めるようなぶんたのご機嫌をみています。食欲もまずまずな様子でシリンジでペーストにした処方食も食べさせています。幸い、牛肉は食べれ喜んでくれてますが、あんなに大好きだった柔らかめジャーキーを食べなくなりました。(・・、)開封したジャーキーは数袋たまっています。(汗)シャンプーは無理なので、頻繁に温かい蒸しタオルで体を拭いてます。ステロイドなどの薬の副作用でかたまって毛が抜けちゃうので(;∇;)ブラシは軽くとかす程度にし、毛玉は、無視するしか無いです。角膜に傷があり、眼の周りはおしゃれには遠くなるようなガタガタのママカットをしております。バリカンの音が嫌いなので、頭の周りを鋤バサミでカットしましたが、上手くいかず。
めえいっぱいに、甘えたいんでちゅ
DSCF4451.jpg
私の腕の中で甘えてるぶんたです。(*vv)

ペットショップで仔犬を見る度に必ず思います。色々な事があって、心配も尽きないし、手が掛かりますが、あんな小さな頃から、ずっと16年もの永い間も一緒に暮らせているのは、私には、”幸せ”だと思えてならないのです。ぶんたが幸せだと思うのかは判りません。以前ように尻尾をちぎれんばかりに振るとか、顔舐め攻撃をして喜んでるような仕草や表情はありません。昨晩の明け方に脳の発作があり、ポカリを飲ませてヤギミルクプリンを飲ませて抱いて誤魔化してんかん剤を4分1だけ飲んだだけ。何時もは、4時間程度しか眠れない私でしたが、気にしながら朝まで眠れました。今朝からもほとんど脳の発作がありません。脳の発作に正月休みがあるかどうか判りませんが、お薬は副作用があるだけに飲まないで済むのはありがたいです。ちょっと、不細工に写っていますが、腕の中で甘えてるぶんたです。人の気配が傍に無いと”あぁ゛~~んっ”って鳴いちゃいます。甘えて抱っこの催促し、排泄だって鳴いて教えてくれます。ぶん婆は数日前からぶん爺の夢ばかりみてえるそうです。きっと父が家へ帰ってきてえるから、ぶんたの発作が少ないのだと言うのですよ。ぶんたにぶん婆が数えで17歳だよねって耳元で囁き、『お年玉欲しい?何に使うかい、ママに取られちゃうかい?』なんて聞いていていました。^m^

永年暮らしてきたからこそ、乏しい仕草や表情の中からもぶんたの懸命な頑張りから感じるのですよ。甘えたくて、一緒に居たくて、、頑張ってるって思えてならなくて。本当に愛おしいものです。

『ボク、沢山頑張ってるからね、ちゃんと褒めて抱っこも沢山して、撫で撫でも沢山してね』
抱っこ魔王で撫で撫で魔王になっております。親ばかですみません。(*vv)


実は、昨年の暮れに動物病院で薬やご飯を貰った際、医師が言いました。

『ぶんちゃん、こんなにも此処までも頑張るなんて思わなかったですよ。』 (;∇;)
『お母さんが思うよりも状態は悪くないのですよ。むしろ、細かく診てくれて管理してくれてるって、ぶんちゃんは幸せなはずなのです。お母さんが大好きで一緒に居たくってだから、ぶんちゃんは、頑張っているのですよ、細かい事も気になると思いますが、ぶんちゃんの頑張りを褒めてあげて下さいね。そして、最大限に協力をしますし、一緒に頑張りましょうね』って。。。どうしても、ぶんたへ何かをしてあげたくて仕方ないし、するなら一番に良い方法って思うから、輸液の量や時間帯や薬など細かく聞いちゃう私なのです。(*vv)『定期的な検査で数値を見てぶんちゃんに合った治療を考えましょう、』との話しでした。今の病院は、31日~1月3日まではお休みですが、緊急の場合、深夜の時間も病院の休日でも対応してくれ電話も構わないそうです。決して良い状況では無くて、悪い段階で頑張って健闘してる状況の中だけに自宅から近いのも有難いのです。

こうして、新しい年を迎えられた事が嬉しいし、昨年から沢山のお友達の温かい励ましの応援があってこそだって思えてなりません。本当は、お友達のサイトへお邪魔して応援のお礼や新年の挨拶へ伺うべきかとも思うのですが、何分にもぶんたの管理やケアに専念してあげたく、この場をお借りして心からお礼を申し上げます。メールやコメントへのメッセージや拍手への書き込みをして下さり、本当に有難うございます。皆様にとっても、良い一年でありますように。。。どうか、今年も仲良くさせてくださいね。m(_ _)m

今年も残り僅かです(・・、)

フックママさんから
DSCF4434.jpg
ピンポーン♪で応答したらFUKKUのゆめフックママさんから心温まる素敵な贈り物でお手紙にうるるでじ~ん。(T.T)この場を借りて、お礼を申し上げます。
大好きな焼き菓子
DSCF4435.jpg
さすが、フックママさんです。コーヒーを落として頂きました。本当、おいしかったぁ♪^m^フックママさん温かいお気持ちを有難うございます。
昨日までのわたわたしたお仕事もあり、輸液などを含めてのぶんたの世話に追われておりました。更新をお休みしてました。すみません。(^_^;)脳の発作時、悲鳴に近い鳴き声で頑張ってしまうので、食いしばるのでしょうか?右の奥歯の当たる部分の傷が口内炎となり、化膿した白い袋が昨日、破れてしまい、シリンジのご飯やポカリが滲みて痛いのがストレス?になり、脳の発作が深夜に群発で起きました。頑張ってきてくれてるぶんたを思うと、、些細な事でも気掛かりなのです。朝、輸液をしてから残業チームから携帯と家電で呼ばれ、結局にオフィスへ1時間だけ行き、帰宅したら、背中の輸液をした辺りに血が滲んで居た後がありました。(;∇;)『ぶんちゃん、懸命に頑張ってるのに、本当にごめんね。口内炎や流血って大変だったよね?』誤りながらも、いちゃいちゃに添い寝しちゃいました。朝から、少しだけ息も浅くて体温も低めだし、流血の後や口内炎の化膿の後など気掛かりなのでした。病院は明日から4連休なので口内炎の様子をデジカメで撮影してママが受診しましたよ。
ご飯と消毒薬
DSCF4440.jpg
医師曰く、『シリンジでペーストご飯が食べれてるし、介助しての排泄だって出来てるし、口内炎は化膿した白い袋が無くなってくれて良かったのですよ。口の中の消毒の薬を出しますね。輸液の際の出血って気にしないで下さい。プロだって出血しちゃいうのです。輸液の後、乾いた脱脂綿か、コットンで拭くと大丈夫ははずです。ぶんちゃんは、角膜に傷があり、輸液などもあって、、感染症の疑いもありますが、抗生物質を飲んでるのだし、とことんな感染症なら、あんなに綺麗な皮膚はしていませんよ。食べてくれる、排泄も教えてくれるって今のぶんちゃんは、大健闘だって思いませんか?相当に頑張り屋だって思いませんか?26日から2週間後での検査でのの数値で考えましょうね』って言われちゃいました。(>_<)明日から、病院は4連休ですので、年明けの平日に半日預けの検査に間に合うような薬やご飯を頂きました。獣医師のご夫婦で開院されてるのですが、奥さんの獣医師が、、『ぶんちゃんって本当に頑張り屋さんですよね。豆に観察してケアや管理されていますよね。ぶんちゃん、幸せだって思いますよ。めちゃめちゃに、お母さんが大好きですよね。』って、、、。ママっ子ぶんちゃんがばればれなのだし。(#^_^#)実は、ぶんたのお世話中、弱い頚椎を傷めました。。(T▽T)左後方へ首を傾けません。
ソフトなぎゅうな奴です
DSCF4433.jpg
牛肉でソフトなものです。ぶんたが大好きなので明日、年越しや新年もあってゲットです。
ぐっすりと、、、。
DSCF4432.jpg
ぶんたが生まれた頃の1992年の大ヒットなのでしたよ。勿論、ママはCDを持ってますよ♪年齢って?ればればれ?バラード調で素敵なのですよんbyYouTube -”君がいるだけで"君が居るだけで心が強くなれること、何よりも大切なものを気づかせてくれたねって。。。正直に言うと、、、。ぶんたがあっての私なのでした。何時も、寄り添って支えあってきたのですよ。(;∇;)本能から言うと。。。。どんな場合でも、”生きる”に前向きだって言います。犬は飼い主の傍で一緒に居るのが本当に嬉しくて幸せなのだそうです。先月、ぶんたがあと、数日だって言われた際、抱っこし、大泣きしながら、一睡もせずに食べすに居た私です。こんなにも、、、。懸命にぶんが、必死に生きてるのが、ちゃんと、訳があるって思うのです。ぶんたにとって苦しく無いように穏やかに過ごせるようにと医師と相談し、工夫してあげたい。限られた時間なら、余計に工夫してあげたいのです。だって、だって、ぶんたが、大好きで大好きで仕方ないんですよ。あの小さな命に寄り添って居たいのです。お忙しい中、わが子への沢山の温かい励ましに感謝するばかり、温かい心からの応援を 有難うございます。m(_ _)m

病院へ

血液検査
昨日から大荒れの天候で猛吹雪、しかも真冬の雷のなる低気圧。深夜の2時から発作が始まってフリースに包んでむぎゅっと抱きしめて、誤飲しないように様子をみてポカリやペーストのフードをシリンジで誤魔化して様子をみて粘る。群発発作の繰り返しなのでフェノバールを8分1錠だけあげても効かない。様子を見てもう8分の1錠で治まる。今日、大雪の吹雪の中、通勤前にぶんたを病院へ預けました。輸液の浸透具合や尿の量や発作の度合いや頻度を時間を掛けて見て貰い、場合により血液検査をして今のぶんたにとって一番の緩和的な治療をする為とぶん婆の休息です。(^_^;)
DSCF4419.jpg
やはり、脳の発作は、重責状態で頻発発作の傾向があり、ステロイドとフェノバールの副作用で肝臓の数値(GPT・GOT・ALP)が振り切る高さ、TPが低くなり腎臓からの栄養が上手く吸収できない状況、貧血と脱水気味です。ただし、腎臓の数値(BUN・Na・K・Cre)は正常値のままでした。(ホッ)激しくなってる脳の発作や頻度に耐え、肺水腫になっていないのは、先月の21日、エコーで見たほぼ同じ段階で心臓が頑張ってくれてる証拠です。10日しか経過していないのに検査するのって思うはずですが、Na・Kの数値が高くなり、高血糖になった(腎不全が進んだ場合)早い段階で輸液の内容を変更しないと尿毒症になりかねないし、脳の発作はぶんた自身は意識が飛ぶので痛みなどは無いのですが、脳に損傷が残り”重責”を早めてしまい、多臓器への負担もあります。発作が重くなり連続性があり、投薬の期間も長期になっており、肝臓への負担も考慮する為、肝臓へ負担の少ない発作を抑える薬が追加になりました。即効性があるものの持続性が無いのでステロイドとフェノバールと ランドセンの組み合わせで脳の発作の頻度を抑えながらいかに穏やかに過ごせるか工夫しながらの投薬開始です。心臓が頑張ってくれていますが、ある日突然に咳が頻繁に出るようになり、ゼイゼイしてもおかしくないのです。心臓への負担を考え輸液の内容は変わりませんが、徐々に朝の量を増やして夜にしないように切り替えた方が良いと。眼の検査ですが、左目の角膜の傷も良くなっておりました。詳しくみて頂いた所、ぼんやりとは見えてるようです。
お疲れ様
DSCF4420.jpg
診察台で私の迎えに気づいてにゃ~ん、にゃんにゃぁ~と鳴きだしてしまい、キャリーケースの中のぶんたの頭を撫で『大丈夫だよ、偉かったね』って言った途端、甘えてぐ~~っっと鼻を鳴らす甘えんぼなぶんたに医師もくすくすでした。(*vv)1日の様子(食べた時間、量、排泄の時間や量、発作の時刻とその時間の長さ)をメモで下さり、持参したペーストのご飯の容器まで洗って頂いて顔周りまで拭いて下さり、ごまちゃんの他に新しくかばちゃんを頂きました。(^m^)預かりのストレスや移動のリスクは覚悟していますが、発作の頻度や状況を見て適切なアドバイスと今のぶんたにとっての”ドックスピード”は、速いのです。あれ??おかしいなって思うなら自宅からも近いのですし、直ぐに病院へ連れていかないとぶんたの今までの健気な頑張りを無駄にしてしまいます。

最近、私のフリースやトレーナーを掛け布団の間に入れています。特にフリースは発作時にぶんたを包んで袖の部分を私の背中で縛ると抱っこ布?のようになりますし、ぶん婆との留守番時にも掛けてます。今日は、病院へ持参して使って貰いました。前回よりもリラックスしていたそうです。ぶん婆は、猛吹雪に連れて行って寒かったはずと心配しきりで、何度もメール攻撃されてました。(^o^;帰宅早々に『ぶんちゃ~ん、寂しかった。痛い事されて嫌だったでしょ。ちゃんと婆ちゃんが診てあげるのにいけないママだよね』って抱きしめて、ぶんたが”あ~ん、にゃ~んにゃにゃ~ん”を答えてしまう。(-_-;)ちゃんと、ぶん婆と私への態度を使い分けるしたたかさがくすくすだったり、嬉しかったり。帰宅後1時間位で脳の発作が始まった途端にぶん婆は消えました。あの発作は、見てる方がかなりしんどくてどうにかなっちゃうって思うものです。長期化しており、ぶんたを思う気持ちに体が付いていかないぶん婆は意固地になっております。ぶん婆を休ませる日を作らないといけないなって思います。限られた時間だと覚悟をしています。何時まで、居られるんだろうじゃなくて、限られた時間なら悔いのないように一緒に過ごせる時間を穏やかに工夫してあげたいし、自分が倒れたらぶんたが悲しむのでしっかりしなくちゃって思っています。そう、もうすぐお休みです。頑張らなくちゃ!沢山の温かい励ましを有難うございます。どうにか、新しい年を迎えられそうです。m(_ _)m

食べてくれています。o(^-^)o

yukoさん有難う♪m(_ _)m
DSCF4341.jpg
お祝いのお礼にとおいしい焼き芋と綺麗な器を頂きました。yukoさん有難うございます。m(_ _)m
この場を借りてお礼申し上げます。
早速、ご賞味
DSCF4366.jpg
おいしい匂いには、嗅覚が働くようです。^m^潰して少しづつ食べさすとおいしそうに食べてくれました。”おいしいね♪”って抱っこしながら一緒に食べていたら、下を向いて瞬間、お芋さんと勘違いして?私の頬をアムアムパリとしちゃう勢いでした。(*vv)そう、、、。今、我が家ではぶんたは、”ゾンビちゃん”ってあだ名が付いてます。(^o^)ゞ師走恒例のクルシミマス週間に突入し、不規則な休日になっており、午前中、ちょっとだけお仕事をしてお休みをしちゃいました。輸液の時間間隔もぶんたの体調をみてあげられて嬉しい。いちゃいちゃで過ごせる時間が私のご馳走です。(*^▽^*)v
今日のボク
DSCF4356.jpg
10日間も輸液だけで頑張ってくれて、ギリギリだったのに、医師が驚いてます。食べれるなり約6日目になります。勿論、食べさせるのは簡単ではありません、ぶんたの体調と気分次第で工夫を凝らして食べさせています。少しずつ量が食べれるようになり、体力が付いたのでしょうか?別の悩みが勃発しました。実は、脳の発作時のリアクションが大きいのです。(>_<)脳の腫瘍からくる脳の神経伝達のバランスから来る発作だから”痛みや苦痛”は無いと医師は話しますが、知らない人が見たら、一見、苦しそうにも見えます。そして、絶対に気をつけなくちゃいけない事は、”脳の発作”は興奮を招くので心臓へ負担増になります。極端だけど、体力の無いぶんたはその脳の発作だけでも心臓へ負担増で厳しいし。脳の発作時、発作の頻度や発作の状況も違う場合もあり、処置タイミングや薬の調節は難しいものです。昨日もリアクションの大きい発作が深夜と明け方にあり、携帯酸素をシューして心拍数や肺の音を聞きましたよ。毛布に包んで大丈夫って抱っこしていたら、治まりました。ぶん婆が、私の帰宅前の発作時、ぶんたを抱くために弱かった腰を痛めてしまったらしいし。1ヶ月に渡るぶんたのお世話で疲れも見えてるようだしと気になってました。来週から私の留守中、数日だけでも病院へ預けようかと上手く、話したつもりでした。逆にマジ切れされてしまい、『あのねっ、一番に大変な辛い時に家族が傍に居ないとぶんちゃんが可哀相でしょ、それと、脳の腫瘍でね、満腹中枢が壊れて食べちゃうのよ』と鼻息を荒くして言い出すぶん婆なり。( ̄▽ ̄:)食べれるようになった事が不思議なのですが、医師曰く、脳の腫瘍からの刺激で満腹中枢は云々は関係無いそう。(苦笑)ぶんたが”もう少し、家族の傍で生きていたい”って本能だそうです。うぅ~ん。もっと優しく、可愛らしく、ぶん婆へ気遣って言えば良かったのかって思ったり。( ̄▽ ̄:)義理も難しいけど、、、。月の後近くにめちゃ残業になっても輸液を工夫出来る自信がありますが、ぶん婆が持つのかなって思うし。実の母娘って遠慮が無い分と我家の場合、2年前、末期癌で亡くなった父が闘病していた頃と今のぶんたの状況がどことなく似てているのもあり、亡くなって日も浅いぶん婆の気持ちを思うと本当に難しい。(^o^;仲良しのお友達がママがぶんちゃんの鼓動を聞くようにぶんちゃんもママの鼓動を聞いてるんだよって、、、。
クリスマスを越えて、新しい年を過ごせるようになれたら嬉しいな!って思うのですが。どうんな形でも今、生きてくれてる事が本当に嬉しいです。だからこそ、”大丈夫だよ、ぶんちゃんは偉い子だよね、良い子だよ、大好きだよ、愛してるよ”って私の鼓動を聞かせてあげなくちゃいけないって思うのです。

ラブラブ効果のサプライズヽ(≧▽≦)ノ

☆仲良しのお友達の皆さんへ☆
寿命宣告から1ヶ月過ぎて、少し体が不自由にはなりましたが、頑張ってくれてるわが子なのです。仲良しのお友達の温かい応援パワーで頑張ってくれてるって思うのです。沢山の励ましを頂きながらも遊びに行っても全部は回れずでした。ネット離れ気味?気後れもして読み逃げだったりな今日なのでした。お名前の漏れや間違いがありましたら、こっそりとメールして下さいね。(^_^;)
始めまして、、シャンデイママさん、レオママさん、びんちぇさん、VIVIママさん、おつねさん、きりんさん、サラママさん、マロンandチョコママさん、のんちさん、亜由奈ちゃんのお姉さん、初めての訪問と温かい応援を有難うございます。m(_ _)mパイ母さん、ぶへははさん、ピノコさん、ゆっけぴょんさん、ブンママさん、チョちゃんママさん、フックママさん、モモ&ゆうさん、ねねさん、チコははさん、yukoさん、ドルフィンさん、ルルママさん、らむママさん、ゆうさん、かずんさん、ちぽろんママさん、umiさん、ララママさん、ななママさん、てるさん、mieさん、Charlieさん、沢山の温かい応援を有難うございます。m(_ _)m少しずつレスもぼちぼちですが、頑張っていこうと思っています。|p(^-^)q
ぁ~っ、下痢しちゃった(・・、)
DSCF4314.jpg
朝、腹てんで”あにゅ~”の声にオムツを見たら下痢してました。(>_<)お尻を洗い、乾かしてレンジで温めた輸液を100ccを注入しました。ぐったり??呼吸が浅くて呼びかけの反応も薄く、眼が開かない、脈もやや遅く、体温が37度台でした。舌の色も白っぽくてへんにょりとしてました。でこっそりに病院へ電話し、医師の指示を仰ぎました。(T▽T)
ママ、起きたよ
DSCF4316.jpg
いちゃいちゃと抱っこしてママは眠れないけど、ぶんたは、昼寝をしていました。顔色も良い感じで落ち着いてきたのでポカリをごくごく飲んでくれたり。(ホッ)多分、今朝の下痢は脱水から起きたのだと思いますし。下痢が続き量が多いなら輸液を増やさないといけないかも?でもね、、、。(^~^)モグモグって少しだけでも?何か食べれないかな?
ミルクプリン
DSCF4317.jpg
駄目もと承知でヤギミルクプリンを少し注射器で食べさせたら、食べちゃいましたよ!もう、少しだけ何か食べれないかなってと思い、処方食の缶を開けたら、案の定、全部吐き出しました。(^_^;)あれしか無いって思い出しましたよ。(^_-)-☆
魅惑のジャーキー作戦
DSCF4319.jpg
飲み込む力が無く、誤飲をし易いのでポカリも注射器でぶんたのペースで飲ませていました。処方食では無いけど、大好きな柔らかジャーキーを一口でも、少しでも食べれたって嬉しい。ヽ(≧▽≦)ノ食べてる間、大きな眼がもっと大きく見え、ほぼ、10日振りに口から少し食べてくれました。(嬉涙)夕方に病院へ行き新しい処方食(ウオルサム腎臓サポートとスペシック)と輸液とミサイルのような?大きな酸素ボンベも貰ってきましたよ。かなりに重たかったですぅ(^o^)ゞ
処方食も食べた夜ですO(≧▽≦)O
DSCF4323.jpg
注)スエットからこぼれた私の短くて太い足など気にしないで下さい。(*vv)
ウオルサム腎臓サポートとスペシックをポカリで薄めてシリンジで数回食べてくれ、スプーンでも処方食を数口だけど食べてくれました。嬉しいっ!(/▽\)お出掛けから帰宅したぶん婆がそんないちゃいちゃ親子を見て言いました。( ̄▽ ̄:)

続きを読む

皮下点滴

穏やかでにぎやか^m^
DSCF4243.jpg
☆仲良しのお友達の皆さんへ☆
励ましと応援のコメントは全部、読ませて頂いております。温かい励ましを心からお礼申し上げます。本当に有難うございます。m(_ _)m状況が状況だけにに、今は、ぶんたとの時間を最優先に大切にしたいのです。やや、更新も休みがちでブログへのコメントのレスもお休みさせて頂いており、中々お友達のサイトまでお邪魔出来ずにおります。ずっと、続いてる不義理をどうか、許して下さいね。もう、少しぶんたの状況が落ち着いてきたらブログのレスの再開をし、仲良しのお友達の所へお邪魔しようと思っておりますので、もう、少しだけお時間を下さいね。どうか、宜しくお願いします。m(_ _)m

今朝、5時前にあにゅ~~、ああ゛~にゃ~と鳴かれて起されました。(^_^;)水をそのまま経口であげるよりご飯から取った方が体へ負担が無いので、スプーンで缶の三分の一もおいしそうに食べましたよ。ヽ(≧▽≦)ノあの鳴き声って”お腹空いた”でしょうね。輸液の効果で食欲が出始めて歩くし、躓いたらあの鳴き声でヘルプだし。直ぐに対応しないと語尾がにゃーになります。猫化してるのか?は判りませんが、意思表示をしたり、話しかけて返事を”あう゛”ってするし、懸命に健気に生きてる姿と裏腹に赤ちゃんのようで本当に頬が緩みます。その後もご飯だと催促をしますし。但し、一度に食べる量が少ないのだけどね、ご飯の催促まで出るようになり、食べる量も増え○んぴぃや尿の回数も安定なのです。股関節が不具合があり、トイレに間に合わないのでオムツをしてますが、”にゃ~”ってちゃんと尿をしたら教えてくれます。(^m^)薄皮を剥ぐようだけど、経過が良くなってるぶんたの姿が本当に嬉しくて何よりも私の最強のサプリメントなのです。甘えんぼちゃん度が高くなっており、まだ、まだ、頑張りの途中、体の不具合や体調を自分でも感じてるらしくて”だって、ボク、頑張ってるんだもん”って相当に甘えています。あんな大変な中でも頑張ってくれたぶんたは偉い子、頑張り屋さんだって甘え放題に沢山に褒めております。褒めたら何故か?にゃ~って返事もありますし。(*vv)
輸液
DSCF4256.jpg
こんなにぶんたも頑張ってるのだから、ママも頑張らなくちゃって輸液に挑戦しました。細くなって短くても、やっぱり、針なのですよ。(^_^;)自分の注射のされる先を見ないで人生を送ってきました。(苦笑)1度目は、躊躇して大全敗し、背中は輸液で濡れ、”痛いっ”てぶんたにとことんに叱られました。(/。\)コットンやティッシュを重ねて失敗した針で刺す練習をし繰り返しましたよ。2度目、成功です、輸液が落ちるまで本当に時間が長く感じました。( ̄▽ ̄:)輸液が100CCが心臓へ負担の少ない量なのです。点滴の針の羽になった部分をクリップで優しく毛を留めると針も動かずに苦痛が少ないと聞き、オフィスでクリップを貰って来ましたよ。痛い思いをさせてごめんねって抱きしめましたよ。輸液後、脈拍も血圧もしっかりしてて発作もありませんし、ゼイゼイだってしてぐったりもしてません。確かに体力が落ちており、高齢ですし、決して侮れない状況だとも思いますが、現在の医師のお話しも含めて絶対に明日とか明後日じゃないって思えてならないし、最後の最後までまでぶんたの頑張りを思うと希望を捨てたくないのです。そう、悲しいけど、寿命はありますよね。特にわんこの場合、人よりも早いのも当然に知っています。ただ、くよくよと先を考えて悲観して一日を送るのは正直に大嫌な私なのです。今、健気に頑張ってるぶんたを目の前にすると、現在の医師を信じて出来るだけの事をぶんたへしてあげるべきだと頭を切り替えないと、精神的にも体も正直に持ちませんし。(^_^;)早く帰宅出来、ぶんたのお世話をしたり、お布団で戯れたり、いちゃいちゃ三昧な嬉しい楽しい日でした。実は、最近は早く帰宅しても出来なくても、直ぐにお布団を敷きぶんたのお世話が終わった後、お布団で抱き合いながら、いちゃいちゃと一緒に寝る生活がずっと続いてており、かなりにテレビもほとんど見てません。(^_^;)ぶんたさん、病院で頂いたフードを2缶近くにぺロリ頂いてくれ、ちょっと手助けしちゃったけど、、柔らかめですが、下痢じゃない○んぴぃもしてくれました。(ホッ)頂いているウエット缶の残量も少なくて明日か明後日にフードを貰い、ぶん婆の言うようなしつこくない程度にし(苦笑)医師へ経過をお話してこようと思っています。

食べれたぁ♪(;∇;)

キャリーバックの中でお怒り顔
TS3D0205.jpg
今までずっと、5年強近くに担当してくれていた獣医師へ昨日と今日と電話で相談しました。今の経過などを報告しました。今の時点だと輸液だけして自宅で見守っていくしかないと頑なに引き続きの寿命宣告の続きのようなお話しでした。(>_<)人と違ってお話できない動物相手の医師の見解や判断も様々だと思いますし、個体の差が在るゆえ、寿命などを計測できないって聞きますが、、。心臓だって弱々しいけど心拍だって、判りますし、脈だってはっきりしてて、、食べれなくって痩せてしまったけど、回数も少ないけど尿だって出てますし。ちゃんと、オムツで尿をした事も教えてくれます。たどたどしくも歩けますし。あんなに小さな体で頑張ってるのに、、ただ、見てるだけなのですか?あんなに食いしん坊だったのに食べれなくて自宅で輸液だけって、、心臓の薬だって一生だって聞いたはずなのに止めちゃって良いのですか?輸液が自宅で出来ないなら近隣の病院でお願いしてますって、、勿論に病院へ預けるストレスだってリスクだって覚悟も出来ていますし、食べれなくて吐き出す子の誤飲だって心配だし、どんなにも痩せて小さくなっても懸命に頑張ってるのに衰弱していく姿を家族で黙って”見守る”って言うのは綺麗な言葉だけど、かなりに残酷で過ぎます。本当に、見守るだけで良いのですか?寿命宣告で明日か明後日に何時どうなるのか判りませんって寿命宣告されて2週間も頑張ってるのですよね。ずっと、傍で見守ってる家族は、お話しを出来ないわが子を思い悩んで葛藤や動揺したりの連続です。昨日と引き続きに酸素室での輸液へ行きました。ぶん婆が声が出ない位のひどい風邪になり、今日は、思い切って半日以上、近所の病院へ酸素室での中で心臓の状況を見た点滴へ行きましたぶんたノートを作っていたお陰でどんな治療や薬を使っていたのかなどの詳細のメモも持参出来ました。体力が無い今の状況で更に負担の掛かる検査や治療など望みませんし。簡単な血液検査ですが、弱々しいけど、ずっと闘病していた経過や年齢からしたら不思議にも心臓もまずまずだそう。肺水腫だってなっていませんし、腎不全だってなっていないそう。お薬の量や種類も今の現状に合わせて最低限にしたいと医師と相談して見直しをしました。

5年強もお世話になってきてきっちりとした管理をして下さり、アドバイスを下さったお陰で”肺水腫”にもならなくて腎不全でも無い段階を思うと有難いのだけど、ぶんたの体力では通うには遠すぎなのと今迄の医師の言う見守るだけの生活は、我が家には、出来ません。(T▽T)

うまうま♪
DSCF4251.jpg
食べれて無いので血糖値が100以下でかなり下がってますが、病院でも少しだけ我が家でもかなりにシリンジで食べてくれましたよ。嬉しかったぁ~、、、。マジで涙がこぼれましたよ。(T▽T)
ボクだって頑張ってるんだもん
DSCF4248.jpg
半日、預けてしまい。寂しかったぶん婆は、ぶんちゃ~んって声も出せずに大泣きでした。(^_^;)決して明るい兆しと言えませんし、安堵できないけど、、。病院へ通うリスクも勿論に覚悟していますよ。食べれるような体力が回復したら輸液は一応、止めようと医師と話してます。年齢や病歴や今までの経過をを思うと体力維持的な治療と言うか、毎日を穏やかで過ごせるような治療しか望ぞめないのかもしれません。もしかしたら、明日にでも急変するかもしれません。でも、何もしないで衰弱してるのを見てるのだけは、絶対にしたくはないのです。出来るだけ、最期までとことんに家族が頑張りたいって思うのですよ。かなりに早退や遅刻やずる休み三昧な母ちゃんです。(>_<)4月から職責が変わって人へ教える立場へと変わり微妙に厳しい状況ですが、、。わが子とのラブリーな時間と稼ぎを頑張らないとならないです。明日もオフィス前に輸液へ行っって昼頃に我が家へ連れて行く予定です。ぶん婆の薬はぶんたが傍に居ることだってうるさくって、、、。(^m^)やっぱり、我が家のアイドルだって思うのです。

続きを読む

あれから1週間です(T▽T)

おはよう
DSCF4199.jpg
昨晩もてんかん?のような発作、心臓発作を起したけど、どうにか軽く治まりました。夜からの朝までの雨などの天候じゃないと発作も軽いようです。一概に言えないけど、天候などの低気圧で発作が起きるのはてんかんの特徴らしいですね。直ぐに転んじゃうけど立て、少しだけ歩けます。やっぱり、朝か手を換え、品を変えて色々出してみたけどひとくち食べて拒否されてます。朝は、ジゴキシン(強心剤」と少量の水だけ注射器でを飲ませました。最近、介助して○んぴぃを出すのでお尻を触ると体温計は嫌がり、興奮しちゃいます。発作もあって興奮させたくなくて測れなくって、体温を久々に測りました。35度、32度と少しずつ下がり、呼吸も浅く脈のリズムや間隔も昨日より悪い。お尻の体温計測への抵抗も出来ない体力の低下など、、、ギリギリまで様子を見て思い切って、具合が悪くて休んだってほとんど無い私です。”不幸”にしちゃい、めちゃに忙しい時期を目の前に控えリーダーなのに仕事を休みました。甘えたくないけど、わんこじゃなかったら、忌引き休暇を取れるのですよね。(^_^;)
まったりのずるお休み(*vv)
DSCF4213.jpg
4日に定期検査で言われた”寿命宣告”から1週間なのですよ。不思議ちゃんなぶんたの頑張りが本当に愛おしい。ぶんたが独りで逝っちゃってお別れできなかったらって思うとここ1週間、ほとんど、寝てない、眠れないのです。贅沢に昼間からお布団を敷きまったりと、抱き合いお話も沢山しました。
低力も無くなり、動きも気になる、食べないし、でもね、、、。ちゃんとお話が通じる甘えんぼちゃん。
3日の深夜の酷い発作の時に”ぶんた、逝かないで~、一生のお願いだから、もう、少しだけママと一緒に居て~”ってぐったりしたぶんたを抱いて泣きながらお願いしちゃったからでしょうか?山のような?携帯酸素缶と簡易酸素のボンベも届きました。^m^複数の医師から、『ぶんちゃんは飼い主への依存度が強くって、ママが大好きで心の中を読んじゃうような子ですよ』と。世間では?もの凄く気の強いママだと言われてるようだけど、(苦笑)ぶんたにはめちゃめちゃに弱いって、きっとぶんたが一番に知ってるはずかもしれません。もし、急にお別れしちゃったら、ママが壊れちゃうとか、、もう少しだけ、頑張ってママとの時間を過ごすために頑張らなくちゃって思ってるのかもしれません。ずっと、ずっと、ぶんたが、甘えんぼちゃんだっって思っていたけど、本当はママがぶんたの頑張りに甘えていたのかもしれません。後ろ向きでは無いけど、心拍数や脈、体温、どの状況を見ても、何時、何があっても不思議では無く限られた時間だと覚悟もしています。
少しだけ食べれた
DSCF4210.jpg
シー○ー、わんこムースケーキ、牛肉、チーズ、プリンや市販のウエット缶をペースト状にしてもひとくちかふたくちが精一杯、シリンジ(注射器)でも駄目でした。何にを食べて良いですってと医師から話しがありますが、病気の処方食の食生活の以前、わんこドライフードとわんこおやつだけで、人の物を全く食べさせておらず、ぶんたの食べたがる物が判りません。むやみに鳴れない物を食べさせ下痢や嘔吐などもさせたくない。(>_<)今日、味の無い野菜や鳥肉などを使ったスープや柔らかく煮たかぼちゃと豆乳のスープなどならスープだけですが少し食べてくれました。残りは味を直してぶん婆と頂きましたよ。柔らかく煮ても、ペーストにしても固形を噛む体力も難しいみたい。食べれるなら、離乳食などや栄養スープとか、ひと工夫したいとぶん婆が張り切り、料理音痴の私には手を出さないで残りを食べるようにと。(苦笑)日に日に弱り、決して良い状況とは思えませんが、ぶんたの奇跡の頑張りを褒めてあげたい。もしも、このまま寝たきりになっても最期の最期までちゃんと、ちゃんと見守ってきちんと穏やかに過ごせるようにお世話をしてあげたいです。

☆.。.:*・°☆.。心配して下さる、応援して下さるお友達の皆さんへ。☆.。.:*・°☆.。
本当に温かい励ましを沢山に有難うございます。お世話などや都合で不定期なぼちぼち更新だったり
レスも出来ませんが、、マイペースに更新をしていくつもりです。書き込みのレスを付けられませんが、読ませて頂き、感謝するばかりです。本当に有難うございます。応援輪おして下さるお気持ちが嬉しく、また、奇跡の不思議ちゃんなぶんたともども、、どうか、今後も宜しくお願いします。m(_ _)m