プロフィール

ぶんまま

  • Author:ぶんまま
  • 名前 ぶんた
    犬種:シーズー犬 男の子 先代

    1992年7月30日生まれ
    甘えん坊の男の子
    10歳で僧房弁心不全症と診断され投薬や運動制限、水分制限もあり。管理人の誕生日の翌日、平成21年2月3日16歳と6ヶ月で虹の橋へ現在、お空の住人
    http://blog-imgs-29.fc2.com/b/u/n/buntablog/moko7.jpg

    名前 モコ
    犬種:シーズー犬 女の子
    2008年11月14日生まれ
    2009年3月3日に縁あって我が家へ
    出会い
    わずか、飼ってからたった1か月もたたないうちに里子に出された子(吠える・噛む・フード拒否)と住宅事情で飼えなくなった子。
    会った時点で1.9キロ(生後190日)ちびっこなシーズー
    小さくて先天性の病気になりやすいと感じうちの子へ
    2013年、春、先天性の網膜剥離で発見された時点で右の眼は失明、左目がかすかに光を感じる程度、その後左目の網膜も剥がれ、そのまま視覚を失う。
    2013年アニマルセラピードック適性試験に奇跡的に合格
    現在、お母ちゃんとセラピードックの活動中
    経過観察中だった眼圧が高くなり、2014年に医師と相談し、角膜の炎症などいろいろ乗り越えて、2014年1月28日両眼の眼球へシリコンボール移植へ、手術成功。
    2015年継続犬として2回目セラピードック適性試験合格
    活動中

    管理人:ぶんまま
    大すき:シーズー犬・カメラ・ドリカム・いきものがかり
    欠かさず見るもの:ちびまる子ちゃん

    父ちゃん:母ちゃんより歳下の旦那さま
    モコのお散歩係り
    お姉ちゃん:トリマー,モコの専属トリマー
    息子ちゃん:思春期の高3バスケ男子
    モコの専属遊び相手

    ひとことそうぞ↓BBS
    *BBS*可愛いわん画像を待ってます
最近の記事
最近のコメント
★anthem★
bunta
*bunta*
bookbunta.gif
:::moko:::
moko6668888.jpg
くんくんレンジャー
kado365.jpg
つなビィ
365 CALENDAR
カテゴリ
momoji-ya
参加ランキング
リンク
.1122s.com prince
oukann1.jpg
1122s.com so cute
bunnta111.jpg
momoji-ya.  moko
momoji先生
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
*BIRTHDAY*
甘え上手
charline
cabuntamokomko.jpg
model
DSC_65560.jpg
AKB MOKO
20131028150204f0a.gif
Xmas
可愛いアイコンです
nadesiko
ららさん作
idol dog
idol
idol dog
1427689232aidor123.jpg
愛犬おでかけし隊隊員番号:465 モコ隊員
b0096202_262595.gif
愛犬とおでかけし隊!
http://aikengogo.exblog.jp/ odekaketai_m.gif
愛犬宣言
aikens.jpg
トリマーjp
beauty-dog1.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
北海道ボランティアドックの会
DSCF7652355273.jpg
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

トッピングごはん
無題
トッピングごはん
無題1
月別アーカイブ

来客あり

アイヌねぎ
DSCF5397.jpg
叔母夫婦が近くまで来たのでと。ぶんたにお参りとモコに会いたいと。おいしいお土産を持参してくれました。アイヌねぎの山菜の醤油漬けと帆立の生きた貝付きを頂きました。パワフル子育てには最高の食材です。
あたくしモコでしゅ
DSCF5449.jpg
ぶんたは、叔母夫婦には、かなり懐いておりました。実は、祖母の葬儀の折、預けるのに戸惑っていた際に叔母宅にぶんたと泊まりました。(^_^;)ドライブへ行ったり、叔母の孫が生まれました。(従兄弟の子供)もぶんたに懐いてましたし。叔母も叔父も遺骨に手を合わせて『ぶんちゃんっ、安らかにね、、。本当にお利巧な子で偉かったよね。ぶん爺へ懸命にお世話したりんだものね』って我が家にしんみりな空気が流れる中でした。モコはパンダを咥えて叔父と叔母の間を行ったり、来たり。多分、モコの頭の中で、マツ○ンサンバかリ○のカーニバルでも流れていたのでしょう、、。
テンションが高いので、、。挙句に私の服の裾を必死で噛んでました。う~~んっ。モコラッタ怪獣めっって、、。力いっぱいに眼力で叱っていた私です。(-"-)叱る人がたった独り(私)なのです。やや?私の顔色を伺いながら家の中を猛ダッシュしたモコです。(>_<)仔犬らしく全身で”嬉しい”を体で表現なのかもしれません。皆、なぜか、和んだり。(ホッ)
帆立さん
DSCF5455.jpg
帆立さん、生きてましたよ。本当に甘くておいしかった♪(^m^)叔母夫婦にモコを紹介した際、『あれ~ぶんちゃんにそっくりでしょ。大きさだけが違うんじゃないの?』って早速、沢山に撫で撫でされてご機嫌だったモコなのです。今日、ぽかぽか陽気でのんびりと散歩へ行けました。わんや人へ出会ってモコも成長するんだって思えてならないのです。叔母達が帰宅後にぶん婆が言い出しました。モコのお洋服が足りないんじゃないのって、、。あのさ~って、、。ぶん婆が言い出したり。女のだから、可愛い服を着せてあげてよね♪って、、。今、成長期だし。買うなら無駄に近いけどネットで頼んでるって言い、こっそり買った服を着せて見せたら、うすうすに笑うぶん婆と服の袖や襟を噛んで腹てんして無邪気だったり。何時、レデイにあるのかって謎だし。(汗)。ぶん婆がモコの衣装ケースも用意しなきゃいけないわねって言い出し、。考えなくちゃいけないなって、、。シーズー特有??じゃ無いけど”おしゃべり”したり、鼻をフン、フンしたりしてるモコ、おチビだけど成長してるのでって頼もしくて嬉しいけど、、。何だか、寂しかったり。眼の周りの涙やけの炎症が早く治るようにせっせと消毒に徹してます。(;∇;)

ぶんたが旅立ちました(T▽T)

カルテールをプラス
DSCF4634.jpg
実は昨日から今日までお休みを頂いてました。昨日の朝に尿検査を出来、病院へ。尿検査でのやや薄い尿だけど、phも比重も結石も無く、感染症だって無いとのこと。血糖値だって良いから安定だよねと医師が話してくれて、食事が飲み込めないからシリンジの先へへカルテールを付けるとどうだろうって。早速頂き、体温がやや低いので対処法をアドバイス頂き、次回の血液検査の日程もお話しまして帰宅した。昨日の病院以来、ずっとパジャマで過ごしており、ママ部屋へ引き篭もりでお世話をしてました。
ぶんたぁ!
DSCF4640.jpg
どうにか食べさせたくてシリンジの先にカルテールを付けて試行錯誤で挑戦だったり。ペーストのご飯をポカリでゆるくして再チャレンジ。沢山に抱っこして撫で撫でとchu攻撃の連続だったけど、食べたものが口の横から出ちゃう。ポカリすら飲めない。(号泣)夕方の5時過ぎから体温が低くて34度台まで下がった。わんこあんかや人用のあんかを入れて毛布で包んで私の腕の中へ。布団に入れて体を摩って温める。沢山に抱きしめて必死で体を摩る。夕方の6時に体温を測ったら測定不能。

えッ~、、、涙を我慢して、浅い呼吸をしてるぶんたへ言った。

ぶんちゃん、いっぱい、いっぱい頑張ってきたよね。”ママは、ぶんがもしも居なくなっても大丈夫だよ”
苦しかったら、逝ってかまわないよ。だって、ママの中でずっと、ぶんちゃんが生きてるのだからね。
でも、頑張るんなら、ママもとことんお世話するから、何も心配いらないから、大好きだよ。
ママは君のためなら何でも、どんな事だって頑張れるのだよ。そんな気持ちで抱きしめてた。

くぅ~って、、息を吸っったあっと言う間の一瞬なのでした。えっ?(T▽T)

揺り動かして何度も、何度も名前を叫んだ。
ぶん、、ぶん、ぶんた、ぶんちゃん~って言葉にならない想いがこみ上げる。必死で酸素吸入して名前を呼びました。何度もしたあの蘇生術をしても起きません。気配に気づいてぶん婆も泣きながら、名前を呼び、、蘇生術を一緒に手伝ってくれました。ぶんちゃん大好きって名前を何度も言いながら”うちの子になってくれて有難う。絶対に忘れないよ。って小学生のように泣きながらでした。ぶん婆も声にならない声で泣いてました。眠るように永遠の空へ旅立ちました。ぶん婆がお花を買ってきてくれた。ささやかにお通夜の晩。

苦しむこと、痛み、全く無かったのです。私の腕の中で息を引き取りました。

今にも起きそうなのですよ
DSCF4642.jpg
本当に、最期の最期まで頑張っていたぶんたって偉かったよ。今でも本当に心から大好きで愛してる。眠れなくてもお世話や介護が続いても辛いって思わなかった。どんな形でも頑張って生きてくれてる君が大好きで愛しかった。でも、精一杯したくてもママがお仕事で充分にさせてあげれなくてごめんね。何時も思っていたよ。限られた時間だから何が出来るのだろうと。毎日、ぶんたのことで頭が一杯で胸が押しつぶされる気持ちだった。どんなに自分が眠れなくても世話が掛かっても愛するぶんたが生きてくれてるだけで最高に幸せだった。

ぶんたは、幸せだったのかな?

小さい頃、元気な頃から、わんこを飼わない方かもぶんたは幸せな子だって方々で言われてました。

私はぶんたと暮らした日々、ここ数年、お世話だって本当に私には至極の幸せでした。

こんな過保護な母ちゃんでもぶんたは、幸せだったのでしょうか?
介護であっても何があっても明日を一緒に生きられるって私は幸せでした。


沢山、輸液の針を刺しちゃったり、無理にシリンジでご飯を食べさせたりごめんね。

今も信じられない(;∇;)
DSCF4645.jpg
まるで眠ってるようです。今、直ぐに眼を開けて起きてきて欲しいけど、、、。
めちゃめちゃに偉かったよ!
DSCF4647.jpg
昨日、実は、昨日、ママの24歳の○4歳の誕生日を祝ってくれたのでしょうか?言葉を話せないのだけど、、、。私には最高のプレゼントでした。今日から息が浅くて体温が低く、足の静脈もはっきりしません。亡くなってしまい、朝まで、沢山にお話して、今までの頑張りを褒めてあげようと思うのですよ。正直、ぶんたが、亡くなった現実が受け止めれられてません。介護生活?お世話など、、皮下輸液や食事や排泄やシリンジご飯での介助って全く苦痛じゃなかったです。
ほとんどに眠れないって平気なのでした。
ぶんが頑張ってくれるなら、とことんに頑張ろうって思っていました。

明日、お星様になります。(>_<)
DSCF4651.jpg
仲良しのお友達の下さったたロンパースを着せました。大好きなおやつや子分さんのぬいぐるみを一緒に入れようとね。沢山のお友達へ励ましを頂いて管理人もぶんたも本当にどれだけ勇気や元気を頂いてきたのか、、、。。


何時かは、こんな日が来るって覚悟してたのだけど、、実際に遭遇すると言葉が出ません。

今まで必死で我慢してた分だけの涙がせきを切って涙がこぼれ、その涙で溺れそう。絶対にぶんたの前で泣ちゃいけないって我慢した涙だから、体内の水分が無くなるまで涙腺が壊れても溢れてこぼれて止まらない。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・
明日の午前中、お空へ虹の向こうへ。行ってお友達が出来るのかな?
めちゃめちゃに過保護な母ちゃんは犬見知りのぶんたが今から心配です。(^_^;)



私は昨年の11月から、、、覚悟しておりました。

明日、お星様なって見送るまでちゃんと”シャキ”っと頑張らないと、、。ぶん婆と一緒に見送ります。

こんなに愛してる君へ限られた時間の中で何が出来るだろうって、、。毎日、四六時中模索してました。頑張って懸命に生きてるぶんたの姿が愛しくてならなくって。(;∇;)

今まで、沢山の温かい励ましを頂いて本当に嬉しい限りです。

不義理続きなのに温かい励ましを頂き応援をしてさった皆さんへ
本当に有難うございました。m(_ _)m

諦めないこと(>_<)

嬉しいおいしいもの(≧▽≦)
DSCF4616.jpg
ゆう&YOUの部屋さんから頂きました。 ぶんたへ応援をして下さる温かいお気持ちが嬉しくて。温かい優しいお気持ちの溢れるお手紙の中にぶんた君、全て判ってると思います。見えないかも?聞こえないかも?いいえいえ、心の目と心の耳で私を感じてるはずだと、、、。その言葉にうるるにジーンでした。(;∇;)
おたべさん
DSCF4617.jpg
体が甘い物を欲しがってます。おいしくぶん婆と頂きましたぁ♪
今朝、ぶんたは、穏やかでした。月末なので土曜でもママは仕事へ。帰宅したら、へにょへにょになってるぶん婆が昼間は頑なに口を閉ざしてシリンジ2本しか食べなかったと。(|||_|||)帰宅後、ぶん婆が町内会の打ち合わせで出掛けた後、やや脳の発作気味だったので、。(^~^)モグモグをさせたくて、抱っこして褒めながら工夫し、シリンジのペーストご飯とポカリと溶かしたダイエットダイエットキド○を交互にあげてみたり。涙がこぼれちゃうくらいに頑張って食べてくれました。ヽ(≧▽≦)ノぶんたのご飯のタイミングって脳の障害もあって口を開けずらいし、眠りも深くて、ムラがある体調なので本当に難しい。(T^T)帰宅したぶん婆が食べたって聞くと、、、。涙がじんわりしてた。ピンチをチャンスにじゃないけど、、、。頑張って食べようとして小さな舌が動く瞬間、”頑張れ~”って応援し、無理しないで良いよ。また、食べれる頃にちゃんとママはあげちゃうんだもの。君が頑張ってくれるのだから、大好きな君のペースに合わせて頑張っていくのだよってしみじみに思います。
食事の介助
DSCF4012.jpg
デジカメの画像に甘えんぼのぶんたがぎっしりだったり。昨年の秋からママの足の間に挟まって、赤ちゃんのエプロンをし、ヒトの赤ちゃんのスプーンで処方食の缶のそのままを一日に数回分けて、介助して食べさせていました。あの頃、食べたフードから水分を逆に計算して電卓女王だった私。(v_v)
ダイエットトキド○
DSCF4610.jpg
副作用と言って良いのか?慣れてない場合の前提です。一度の多量摂取だとお腹が緩くなるらしいのです。3分の1だけお湯で溶かして飲ませ、残りはフードに混ぜ加減し食べさせてます。味は牛乳系だそうで嫌いな子もいるらしいのだけど。飲んでくれてます。幸い、お腹は緩くなって無いみたいですし、介助したら有形の○んぴぃ君と出会ったし。涙が出ちゃうくらいに嬉しいぃのです!腎臓疾患の場合、たんぱく質の摂取が本当に難しいのですよ。腎臓に負担の少ない食事でエ○ジングケアも考えましたが、ドライフードは昨年の夏から少量混ぜても全く受け付けませんし。なので、食べやすくと思い、腎臓へ負担の少ないたんぱく質を思っての健康食品のダイエットドキ○なのです。ここ最近、脳からの障害からか?ペーストのご飯でも飲み込みが悪いのです。懸命に食べようとして可愛い赤い舌を動かしてる限り、ぶんたのスピードに合わせてどんなにも工夫をしでも食べさせなくちゃって思うのです。諦めてはいけないって思うのです。”食べようとする”のは懸命に”生きよう”としてる証しだって思えてなりません。待ちに待った週末です。低気圧でぶんたが壊れないように見守りながら、とことんにぶんちゃ~んっていちゃいちゃしたく思いますぅ。

☆ruruのおうち☆のルルちゃんずのルルちゃん、、。クッシング治療中の中で14歳を超えてハイリスクな中での耳の腫瘍の手術へ挑戦し、頑張ってるそうです。ワンちゃんの病気って他人事に思えません。(T^T)ルルちゃんとママさんのお体も気になります。どうか、大成功で穏やかに過ごせますようにって思うばかりです。

続きを読む

休日明け

ケアアイテム
DSCF4589.jpg
メールでお友達が教えて下さり、希釈して使うものだそう。ペットが舐めても無害で安全だそう。シャンプーできない体に優しくてま○ウオーターとの併用し、抵抗力の無い体だからこそ清潔第一だって思いうのです。明日、早速に希釈して使わなくちゃですね。
処方食とチューブダイエット(キド○)
DSCF4605.jpg
延髄の障害もあったなのか??今までより、量が食べれなくなってます。マジで泣きそう。(・・、)一度に食べれるりょう、色々に工夫しても口から摂取できる量も日増しに少なくなってます。たんぱく質の摂取って、、。悪戯に腎臓に負担を掛けてしまうのですし、難しいのです。腎臓に負担の少ない食事で少量でも良いって?って思いあぐねました。腎臓はまだ機能してるのですし、睡眠時間を削って必死に探しまくっており、最終段階でたんぱく質が分解され、必須アミノ酸となります。それを豊富を豊富に含み、高栄養、バランスフードであっての腎臓の機能の低下した犬用のチューブダイエット(キド○)を探し当てました。それって、かなり前からあるらしいですよね。昨日、医師と相談した際、伺い、少ない量でも腎臓へ負担が少なくって良質のたんぱく質を摂取が出来るそうだけど、、、。”粉末”だから食べにくいのですが、フードに混ぜて良いって言いましたよ。ポカリで溶かしてお腹具合を見ながらあげてみました。別メーカーの心臓系や腎臓系を揃えましたよ。無駄になっても構わないんですよ。食べたい時に食べるものが無いのって最悪だって思うので、少しずつ揃えてたりです。
ボクっ、、、頑張る
DSCF4594.jpg
?YouTube - ドリカ○LOVE LOVE LOVE 食欲が落ちてるけど工夫して食べさせてあげたい。悲しい顔をせずに笑顔でお世話し、沢山愛してるって言わなくちゃ!

週末

ママぁ~♪頑張るじょ
DSCF4591.jpg
”少しずつ”食べれなくなりがち”なのだけど残しちゃうけど頑張ってシリンジででも食べてくれます。これって?”生きたがってる証拠”だって思えてならないです。ぶん婆へ説明したら、逆に”諦めちゃいけないよぉ、ぶんたの頑張りに婆も励まされてるからって、、。ともかくに、、、ぶんたの目線での食べれる工夫を、もう、ひとつ出来ないのか?ぶんが大好きで守りたいって気持ちで一杯です。
病院へ
DSCF4599.jpg
今朝、ママ、独りで病院へ行き、皮下輸液一式や薬を貰い、貧血だってあるのだからって思いも一杯なのだけど、、、。ぶんたの頑張りに応援したいって言う医師とのとことんに話し合いましたぁ!先週の数値が安定してるのです。心配な緊急事態のあれこれを確認してくれて、、、。このままだの現状意地ならばの過程ですが、、家庭で様子を見てあげて、諸注意を再確認の確認し、来月の月中の2月中旬に検査で大丈夫だって確認しました。今朝、見たくなかったけど、、、見つけちゃった私の頭に円形脱毛みたい。(汗)今朝、互いの頭と頭をくっつけてまったりと寝ており、どこかをくっついて寝ています。(*vv)
メリー○
DSCF4596.jpg
こっそりと、、、。今日、医師と2度目で話したりです。平成大不況だったりなのです。携帯で呼ばれ、電話で、渋々に残業チームの待つオフィスへ向かいました。残その帰り道でゲットしましたよぉ!かなりにリ-ズナブルです。明日から、休日じゃないので母ちゃんはほぼ、5時前後に起きますぅ。(^_^;)頑張らなくちゃ!

まったりな週末

甘えんぼちゃん
DSCF4547.jpg
腎臓の数値が安定し、輸液が朝だけで150CCから100CCに変更になったのは嬉しい。輸液を始めた頃、朝150CCで夜50CC、かなりの早朝に起床しないとお世話や自分の支度が間に合わなくて。輸液をする=針を刺すのに抵抗があり、気持ちが落ち着かなくて、大変でした。輸液も慣れてきたので、針の痛みを考えて、今は細い針へ変えゆっくりと落としてます。今日、にゃんにゃん、にゃぁ~んってぐずぐずと鳴かれて甘えまくりだったぶんた。抱っこ、添い寝が大好きで片時だって離れずだったりなのです。休みって判るらしくて、休みは傍でお世話をしながら、いちゃいちゃとまったりにお話したりして過ごす事にしています。
お弁当
DSCF4556.jpg
町内会役員のぶん婆は昨日は打ち合わせ、今日はの新年会でした。ぶん婆の留守で親子水入らずでいちゃいちゃ過ごしてました。お弁当を頂き、添い寝しててすっかり寝込んでしまったら、、、。”ぶんが居ない”(/||| ̄▽)/ぶん婆に誘拐?され、居間の何時ものお布団で寝ていましたよ。ぶん婆が独りで平日にお世話するのは胃がキリキリすると言うのに、私が休みだとぶんたを独り占めしてるって”ズルイ”言い出したり。(苦笑)
牛肉
DSCF4580.jpg
昨年の末までは、ジャーキーも食べれたのだけど今は、全く食べません。主にシリンジで処方食のペーストを食べさせてますが、飲み込む力も弱くなっており、食べさせるタイミングや食べさせ方が難しくなってます。誤飲しそうでヒヤヒヤする時もあります。(T▽T)この2ヶ月で6キロ近くも痩せ、数値上もたんぱく質の吸収が悪くなっております。今日はお肉の特売の日、ご近所のスーパーで牛肉をゲットし、柔らかい部分を叩いて焼いてキッチンペーパーで脂を取ってぶん婆と二人ががりで食べさせました。以前からみたら食べる量は落ち、少しだけ、食べれました。(ホッ)”食べること”=”生きる”って思えてならないのです。一昨日の医師の言う脳の延髄の障害から起こる嚥下障害が出てるのかもしれないし、体力も落ちてるとも感じてならないのです。体力的にもお世話が大変じゃないと言えば嘘です。脳の発作だって全く無いのではありません。色々な工夫しお薬の調節がまずまずに出来るようにしています。朝、昼、夜、深夜と明け方昨日と今日とでは体調も違い、ハラハラする時だってあります。正直、見てるのが辛いって思う瞬間もありますよ。でも、今のぶんたを見て想う事は、限られてる一緒の時間だからこそ、今、頑張らないと何時?頑張るの?って自分へ問いかけています。ぶんたが居なくなってしまってからでは頑張りたくても頑張れないのです。元々分離不安気味で飼い主へ依存度が高く、飼い主の心を読もうとするような子です。思うように体が動かなくなり、メンタルな部分に関して、日増しに”甘え度”が高くなってるように思えてなりません。

書くか、迷ってましたが。(^_^;)

一昨日、医師が何気なく『心疾患の合併症での腎不全で肺水腫にならないでこんなに頑張っちゃう子って中々、見た事が無いですね。生命力を測る機械はありませんから』って言われました。(T▽T)

今のぶんたって奇跡でも不思議でも無いって思います。限られてる時間を引き延ばしても、ぶんた自身が、家族の傍に居たい。もっと、沢山に褒めらたい、甘えたいからとだと。懸命に頑張ってくれる健気なぶんたの姿が逆に嬉しくて、愛しくてたまらず。我侭を言えるその元気やその赤ちゃんのような甘えにさえ、頬が緩む瞬間が多いのです。親ばかかもしれませんが、(ハイっ、親ばかでした (*vv))ぶんたは、にゃんにゃんしか、お話できないけど互いの気持ちが通じてるって感じます。大げさですが、絆をも感じる事も多いのです。お休みの日にこそって思い、レスしなくちゃって思っております。が、ブログの更新で精一杯だったり。(^_^;)拍手のコメントやパソや携帯へのメール、ブログへのコメント全部読ませて頂いてます。お返事が遅くなりすみません。応援を下さる温かいお気持ちに感謝です。<(_ _)>有難うございます。

ぶんぶん、、頑張ります。o(^-^)o

ねぇ、ボクを沢山褒めてね♪
DSCF4539.jpg
頑張ってるんだもんって顔に書いてますよね。^m^たくさん、たくさん、褒めて、たくさん、たくさん抱っこして褒めてchu♪chu♪しちゃう攻撃しちゃいます。 ぐぅ~、ぐぅ~って鼻を鳴らして、ちゃんとお返事してくれます。勿論、色々な心配が沢山あるのだけど、、思い合う?気持ちって通じてるのだって思うのですよね。最近、脳の発作は抱きしめると治まっており、脳の血中濃度の安定を考えてあえて薬を最低限にしてます。昨日の深夜、介助したのですが、2日振り、有形の○んぴぃが嬉しくて涙がこぼれちゃいました。 (;∇;)出なかったら、今日、病院へ連れて行くつもりでした。でも、明日、プチ預かりの検査です。気になる事をあれこれと、、、φ(.. ) メモメモして作成完了です。
ママぁ~♪大好きなんだぞぉ♪
DSCF4540.jpg
優等生だったはずの肝臓の数値(ALP)が薬の副作用ですが、たった、1ヶ月半の脳の薬の服用ですで、7万台まで上がっていましたっけ。(^_^;)振り切って数値が出ないって思ったのだけど、、、。数値があるだけぶんちゃん、頑張っていますよって、、、。前回の検査で、医師が言いましたよ。脳や腎臓の状況からしたら相当に頑張ってるぶんたの頑張りにひぃ~って医師が驚かれたり。σ(^-^;)自己満足かもしれないけどね、、。最期まで、血液検査の数値じゃ測れないはずのぶんたの頑張りや生命力を信じてあげたいのです。沢山、頬を寄せて、頭を撫でて、その懸命な頑張りを沢山に褒めてあげたいのです。抱き合って眠り、朝が来て”おはよう♪”って言えるのだけで、幸せなのです。毎朝に頑張ってるぶんたへ感謝なのです。(T_T)応援をしてるお友達がメールを下さって我が家へふさわしい曲だって照れちゃいますし、、、。
"Believe" (1998)
たとえば、君が傷ついて♪くじけそうになった時は、必ずボクが傍に居てその肩を支えてあげるよ♪うんうん、ぶんたを支えてるようだけど、、、。必死で生きていきたいぶんの頑張りに私は、支えられているのですよ。。歌詞の中で”一緒に歩いてくれるよね”って、、ありますよん。ぶんたの頑張りも苦しみも全てを信じていくしかないですよね。沢山のお友達の温かい応援に包まれてるぶんたって本当に幸せな子なのですよ。温かい応援の励ましを頂けて嬉しい限りです。やや弱虫な睡眠不測で頭の回らない母ちゃんですが、頑張りますよっ。o(^-^)oブログのレス出来なくてすみせん。週末には、レスしますので、どうかお許しくださいね。<(_ _)>

既に2ヶ月です(^-^)v

シロップのお薬
ラクツロース
下痢と嘔吐が無いだけ最高に幸せでですよ。利尿剤の使用時よりはコチコチに硬くは無いけど、有形な○んぴぃを出す力が無いように思います。介助はしてますが、出なくなった時を考えており、今は、飲ませるかを迷ってますが、頂いてきた飲ませやすく量も加減しやすいシロップタイプの下剤です。現在、固形の食べ物が食べれないのです。柔らかい大好きなジャーキーも吐き出しており拒否です。心臓と抗生剤は粉末にしてポカリの溶かして飲ませており、肝臓の為にのませてるノビフィットは噛まないで飲まないと効果が期待できませんし、その薬の粒が大きくて吐き出してしまうので飲ませるのが必死です。(ToT)次回の検査で”ウルソ”に変え、数値次第で量を決めて頂こうかと思っています。
ボクね♪
ボク、頑張ってるもん
オムツの中の尿の排泄を必ずに”にゃんにゃん、にゃぁ~~ん”って教えてくれます。オムツは足を通して履かせてません。ちゃんと足を通して履かせると蒸れてかぶれちゃったのです。(^_^;)ママの蒸しタオル清潔作戦と軟膏塗り塗り攻撃とオムツの当て方工夫でかぶれは完治しました。工夫し、お腹周りに漏れないように緩く横に巻いてるだけです。心臓病からの合併症でなってしまった慢性腎不全は、完治できる病気では無いのです。今は、点滴と正しい栄養補給、進行を遅らせたり体調を整えたりする治療等行っていますが、既に腎不全の特徴の貧血もあり、体重減少、やや食欲不振、浮腫、多飲多尿もい見られます。慢性腎不全で尿が作られなくなると完治は難しくなり、血液中の老廃物を体外に出す・体液のバランスを保つ等が行われ免疫機能の低下,,,すなわち、腎臓のろ過機能が低下し、体内の老廃物が十分に排泄されずに体液の恒常性が保たれなくなり急速に尿毒症になる事もあります。尿毒症は腎臓でろ過されるはずの老廃物(毒素)が血液中に溜り神経が侵され、嘔吐・痙攣・体温低下等の症状が起こる事で非常に危険です。水分の摂取などが厳しいガラスのような心臓を持つわが子ですし、肺の音が綺麗で肺水腫にならないで、多尿”になってくれてる間、嬉しいと思わなくちゃいけません。オムツの消費が早いって尿毒症にはなっていない証でもあって、嬉しいことなののです。そう、ペット用のオムツって割高です。お腹に巻くだけなら尻尾を出す穴も必要もありませんし、パンパー○か○リーズをお試しで買ってみようかなって思っています。あれから2ヶ月を経過したぶんたの頑張りに本当に感謝です。(T▽T)”これから、お薬も飲まなくて良い、好きな物を好きなだけ食べてください”って言葉が残り少ない時間だと思えて必死でわんこケーキやおやつやシー○ーや霜降り牛肉までを買いまくったあの頃です。現在の医師から、『お母さん、そんな細かい事を言う段階じゃ無いですよ』っって再三に言われておりながらも、わが子可愛さで管理をしたくて、つい、つい、医師へとんちんかんな質問をしていましたっけ。σ(^-^;)ずっと、頑張り続けてくれてるぶんたを見ており、医師が話す厳しい言葉にも冷静に聞けるようになった自分がいます。この2ヵ月間で痩せ、毛も薄くなり、立てなくなり、見た目も変わっていく姿を逆に愛おしく見ております。その愛しさって、、。多分、私にしか判らない愛しさなのだとも思います。心臓病や腎臓病、脳疾患を抱えていながらも、加速する老いのスピードも重なってしまってるように見えるのですが、健気にひたむきに懸命に健気に生きようとする姿に見えてならないくて、、、。生きてくれてる嬉しさとその姿に愛しさを感じます。ママは、壊れないから、大丈夫だよって、、。本当に苦しくなったら頑張らなくていいからね、って心の中で思います。体調にムラがあって一喜一憂しちゃう心の中の葛藤を絶対に読まれないようにと思います。今、この一緒の時間を大切にしていかなくちゃって思うばかりです。

あれこれと(^_^;)

輸液一式
DSCF4464.jpg
”手荒れなんて気にしませんよ。”70%イソノパール含有のコットンで自分の手を拭き拭きして、針の位置を決めてから、もう一枚、ぶんたの体を丁寧に拭いからての輸液の時間を時計を睨みながら、脈をみながら、輸液の量を睨んでおりますが、針を刺す瞬間って今も自分の体に差す気持ちで一杯です。(ToT)痩せてしまった体で、輸液が落ちにくいのも事実ですし、針が抜けちゃったり。今のぶんたは、感染症の疑いもあり、抗生剤を飲ませており、余計に相当に慎重になります。
保健室?
DSCF4462.jpg
何時からか、こうなってしまってる寝室です。簡易酸素や薬や軟膏などの一式とポカリとシリンジや聴診器などヤオムツなど枕元での手を伸ばせる場所に揃えてます。急な場合に対応をしてくてやむ負えずに電気は付けたままで寝ています。相変わらず、お薬や嫌いなので少なくなってるけど飲ませるのに四苦八苦です。(^_^;)
ぶんちゃ~んっっ
DSCF4452.jpg
いちゃいちゃな抱っこと同様、両手で顔を包み込まれ、ママの〔*⌒Э⌒*〕大好きよん♪のchu攻撃にの効果でしょうか?正月からあの群発の脳の発作が不思議?に少ないと言うか?発作が起こりそうな気配で抱っこしてポカリやシリンジご飯で誤魔化すと寝ちゃってくれて薬の量が何時もの半分以下で済んでます。深い眠りが延々と続きます。その眠りが覚めないと逆に心配で一杯になります。大丈夫かな?って顔を覗いてみたり、脈を取ってみたり、ぐうぐうと鳴るイビキでクスクスしたり。それでも、やっぱり、あれこれと心配をしてしまいます。(^^;)ゞ
ヤギミルクプリン
SNACS011a.jpg
全く食べれない時期、”ヤギミルクプリン”と輸液だけで数日間も命を繋いでくれた優れものです。今も誤飲しやすいので今もポカリで薄めたりと食べさせるには、はかなり重宝なのです。ぶんたの大好きなプリンなのですが、買い置きが切れてしまい、近所のショップに電話したら、メーカーで切れてるらしくて、ショップでも取り寄せに1ヶ月も掛かると言うのですよ。(-_-;))ネット時間が少ない中で探しまくり、見つけました。痩せてしまったウエストに合うマナーベルトと尿パットもお試しで注文をしました。先日注文したオムツも送料無料で今朝、届きました。出来るだけ出掛けない引き篭もりなわんまみれな正月を過ごしております。(苦笑)
ねぇ、ママぁ♪
DSCF4454.jpg
相当、もの凄い甘えん坊となっております。”にゃ~ん、にゃ~ん”って『ママ、ボクの傍に居てよ』何度も呼ばれてしまうのですよ。

つい、つい、大好きなので頑張りを褒めてあげたくて、付きっ切りになってしまい、私は自分の事がほとんど何も出来ません。(-_-;)

そう、昨年の話しです。

脳の発作の頻度が多くなり、度合いも増すようになってしまって、私が帰宅した嬉しさでも発作が起こりました。なので、、帰宅後、ドアを開けた瞬間、ぶんたが、脳の発作であえいでも刺激しないように、驚かせないように忍び寄るようにしてました。その晩、”ママだよ”って言った途端、脳の発作のリアクションが一層に激しくなりました。ぶん婆が目配せし、落ち着いた頃に話してくれました。
大好きなママに甘えたくて仕方ない、いっぱい、いっぱいに頑張ってるボクを褒めて欲しい勢いでの発作のリアクションが大きくなったのだと。。。
うんうん、、判る、判る。(*vv)
本当にぶんたらしいって、ママっ子で人への依存度が強い甘えんぼちゃんです。

気が付くと、画像のようにじっと見つめてられています。

今、何を考えてるのかな?痛みや苦しみって無いのかな?発作の頻度や重さなどや体調もムラがあります。でも、そっと、そっと、頭を撫で、声を掛けるととぶんたの頬が緩み幸せに溶そうな顔を見せてくれます。その瞬間、ぶんたの頑張りにハッとし、心の中にぶんたへの思いで満タンになり、溢れそうになります。排泄のお知らせや甘えて呼んでくれる”にゃ~ん、にゃん、にゃん”の声がが愛おしくなり、今、こうしてお世話出来るのも嬉しい限りのです。

てんかんの疑いでしたが、既に心疾患を抱えて全身麻酔でのをCTやMRIなど撮れないようなぶんただったのです。夜間の救急へ走ろうとした深夜のあの発作11月3日の発作は脳の発作の兆候だったのだと今なら思うのですよ。ただし、心疾患をずっと患っていた故に脳疾患の特有の遊走運動も無かったあの発作なら、脳の発作と心臓の発作の識別は獣医師でも出来にくいと思うのですよ。そして、翌日の11月4日の定期検査でのいきなり、医師から心電図を見せられて、告げられた寿命宣告でした。その寿命宣告は、封印しちゃうつもりです。めちゃめちゃにぶんたに弱い母ちゃんです。(T▽T)大好きなわが子を失う悲しみで一杯になりますし、目の前すら見えなくなります。仲良しのお友達の叱咤激励や沢山の温かい励ましやエールの支えられて今日まで来れました。今は、最後までぶんたの頑張りを信じてあげたい。褒めてあげたく沢山に甘えたいだけ甘えさせてあげたい!その頑張りに寄り添ってあげたいって思うのです。明日の朝を信じて頑張らないと頑張ってるぶんたへ申し訳ないって思います。実は、来週中、昼間だけのプチ入院検査の予定です。近隣の病院も明日から始まります。(ホッ)中々、お友達のサイトへお邪魔も出来ず、ブログのレスや更新も遅くて、重たい内容ばかりですが、どうか、今後も仲良くさせて下さい。応援や励ましを有難うございます。m(_ _)m

メリークリスマス♪

わんこケーキ
crisumasu1.jpg
食べきれないだろうと思いました。冷凍のわんこケーキのノエルが2本です。画像だと大きく見えるわんこケーキですが15cm位の大きさです。ケーキをそのままだと誤飲をするので食べやすく工夫し、昨日と今日とで1本を食べました。処方食と違いおいしかったみたいです。味の違いの判るぶんたです。
クリスマスプレゼント
DSCF4399.jpg
わんこのおやつ、わくわくしながら無添加で柔らかいものばかりを選びました。食べれなかった時期から思えばシリンジでも食べてくれれば嬉しいのですが、大好きで食べていたジャーキーですが、今朝から吐き出してしまっています。(T▽T)飲み込む力が無いって事?嗅覚が衰えてるって事?寂しい気持ちになりましたが、食べれる時がくるのを信じていようと思います。
シリンジ大作戦
bcq98
ケーキはポカリでぐちゃぐちゃにしてシリンジに詰めてみました。おいしそうに食べてくれました。処方食も全てゴマ擦り鉢で擦ってミキサーに入れ、ポカリで緩くしてシリンジに数本詰めておきます。食べれる時に食べさせてあげたいのです。
ママ、おいしいね♪
DSCF4407.jpg
頑張ったご褒美にぶん婆に抱っこして貰いシリンジでケーキを堪能した後の顔の満足な顔は私のご馳走で最高のサンタさんからのプレゼントでした。(*^▽^*)v
ママカット
DSCF4417.jpg
今日はクリスマスなのでお休みを頂き、ぶんたといちゃいちゃなまったりを堪能しようと思っていた矢先です。ぶん婆が地方の親戚に漬物やあれこれを送ると言い出して結局、買い物まで行かされ、出先で携帯に電話が入り、あれこれな買い物を頼まれ、帰宅後に買い物した物で文句を言われちゃい。(^_^;)荷造りから荷物を出すまでして半日も潰れました。(ToT)荷物出しを終えて帰宅したら、ポツンとぶんたを居間に置きざりでした。具合が悪いのか?自分の寝室で昼寝しており、泣きそうになりました。眼の角膜に傷があり目薬(軟膏)も出来ませんし、当然、輸液の点滴も出来ませんし。病院から譲って頂いたミサイルのような酸素の使い方も覚えたくないと頑なに拒否されました。全くに悪気は無いのです。推測ですが、、薬を多めに飲ませて眠らせて数時間、外出した日もあったようです。病気の知識やぶんたへの思い等のずれもありますし、腰を痛めており、年齢的にも無理もある年頃だし、体が動かない分だけ口が回ります。(苦笑)介護生活と言って良いかはどうか、勿論、懸命にぶん婆も世話をしてくれてますが、お世話が長期化しており、ぶん婆にはぶんたのお世話が負担増だって思います。ぶん婆の負担にならないようにと考え、動物病院で日中だけ預かっって頂く日を増やそうと思います。家に居たくて仕方ないぶんたです。預かって頂くのがストレスとなるかもしれません。預かって頂いた日の夜の発作が多くなります。( ̄▽ ̄:)現時点の脳の発作ですが、毎日が”群発発作”です。(24時間以内で4~6回の発作になっており)、1回の発作で20分近い重責気味の発作になってます。そして、今日から輸液の体内での吸収が遅いようにも感じます。輸液の吸収を見てあげての時間の間隔は、休みなら出来ます。が、仕事だと時間的に難しいのです。自宅傍の病院は仕事に間に合う診察時間前での対応もしてくれ、管理を細かくして下さりますし。画像の横で並んだ”ごまちゃん”、前回の預かった日にずっと傍においていたと自宅でも一緒に過ごさたらと医師がご好意で下さいました。今日、水のいらないグッズと蒸しタオルで体を綺麗にし、目の周りの毛が角膜を更に傷を付けないように顔回りや毛が伸びてる所は、鋤はさみでカットしてみました。今月の30日で16歳と5ヶ月です。新しい年まで、あと数日です。一緒に新しい年を迎えたいと心から思います。

発作

ブンママさん有難うございますm(_ _)m
DSCF4362.jpg
我が家へおいしいお菓子と真心のお手紙が届きました。同じお名前にブン太君がご縁で仲良くさせて頂いており、こちらへご家族でご旅行された際、お兄ちゃんのはずの我が家のぶんたが元気一杯で食いしん坊でカフェのテーブルに座っちゃったり。(苦笑)大人しくて可愛いブン太君と出会いとても素敵な思い出になっております。ブンママさん、有難うございます。m(_ _)m
。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆。 ・ ゜ ・ 。 ・ ゜ ・ ☆
最近、脳の発作のリアクションが激しくなっております。その興奮が心臓へ負担増なのと激しすぎると脳の発作だけでも厳しい状況になりかねないので脳の発作の状況に合わせて耐性の出来にくいてんかん系のお薬を状況をみて数時間置きに2種類飲んでいます。2日位、時間間隔や量に余裕を見てるはずなのだけど、薬の時間間隔が狭まっており、量も増えています。夜中の3時頃過に??嫌な気配を感じてみたら、脳の発作でかなりの興奮でした。幸い、舌の色は綺麗なのだけど、心拍数が早い。薬を飲ませ携帯酸素を吸入し、大丈夫だよって頭を撫でて毛布に包ん抱いていました。スヤスヤと腕の中で寝息を立てる姿にホッとした途端、まるで”夜鳴きをする赤ちゃん”のようでした。今日は、仕事で早く上がれたのでぶんたの身の回りのあれこれの買い物中、携帯が鳴り『緊急事態発生、ぶんが危ないっっ。』でガチャン~☆と全く一方的に話すぶん婆でした。今朝、”脳の発作”に関してそれとなく説明はしていたものの、見えないだけに全くに状況が判らないのは、不安ですし、勿論、今迄もこういう電話は、何度もあった事ですが、正直に焦ります。^-^;
ママとまったりのボク
DSCF4374.jpg
帰宅後に様子を聞くと脳の発作の興奮を見て驚いたぶん婆が今までより、激しく見えてお薬を多く飲ませ眠りが深くて驚いたそう。私に抱っこされて甘えた顔をしたぶんたを横目で見ながら『今の獣医さんにぶんたが何を考えてるのか判るかどうか、聞いてみて、もしかしたら?ずっと、昨日いちゃいちゃしちゃってママを呼んでって演技したのかもしれないわ』と言い出す始末。(*vv)まだ、薬の耐性が出来てるとは思えないのです。発作の頻度や薬の量は上手くご機嫌を見るしかないですし、”甘えたくての演技”は過去には何度もありましたが、そんな余裕がぶんたにはあるようには見えません。
ジャーキーおいしかった
DSCF4373.jpg
今迄の量よりは少ないのだけど、食欲増進剤を使っていないのに今日も昨日よりもかなり食べてくれました。d(⌒o⌒)bスペシィックをそのままスプーンでも食べました。沢山は無理だけど、ご褒美も良いといわれており、少しずつ食べています。特にジャーキーがお気に入りの様子です。^m^朝、○んぴぃを教えてくれ、夜はお手伝いしたらちゃんと出ましたよ。下痢をしていないのは今のぶんたには最高です。腎臓が機能に問題があるので尿の量は多いけど、尿が出てくれてるのも最高ですし、肺の音も綺麗なのです。ぶんたの目線に合わせての生活は、手が掛からないと言えば嘘ですが、苦痛には思いません。少量でも食べてくれてご機嫌に幸せな顔や甘えた顔を見せてくれるだけでも充分に私は嬉しく、逆に元気を貰い、癒されています。o(^-^)o明日も、いちゃ、いちゃしちゃいます。(^o^)ゞ

ぶんたの頑張り

ぶんご飯
DSCF4339.jpg
飲み込む力が無くて誤飲が無いように滑らかにしたくって。スペシィックとウオルサムのの腎臓サポートを混ぜてすり鉢でせっせと潰してポカリを混ぜてミキサーに掛けて試行錯誤で作りました。カロリーが低めだけど、食べ易くて、シリンジで食べやすいようにめちゃに工夫し、誤飲の心配も無いようです。母の愛でしょうか?ごくごくで食べてくれています。(^○^)ぶん婆が集合住宅のエレベーターで人の元:人の看護師さんのシーズー2わんこちゃんのオーナーさんと出会ったそう。私が輸液をしてるって話したそう。先方さん、、愛するわんこに針を刺すなんて出来ないって、、、。人の看護師さんは亡くなったわんこに輸液が出来なくて病院へ毎日に通っていたそうらしいです。正直、愛するわが子の命が掛かってるから、必死の思いで心の中で”痛くてごめんね”って泣きながら、慎重に心音や脈拍や肺の音を聞いて”輸液”をしてますよ。(;∇;)
ねぇ、ママ、ボクってお利口だよね
DSCF4331.jpg
帰宅して必ずに儀式です。今日も沢山に”頑張ったよね、ぶんちゃん、世界中で一番に偉いよ~”ってめちゃめちゃの褒めてしまいます。だって、、、。大好きな言葉で、”本当に大事なものは眼に見えない”のだから。

続きを読む

食べています。O(≧▽≦)O

ばあや、ぶん殿は、満足じゃ

DSCF4336.jpg
朝、(スペシィック+腎臓サポート)をポカリを入れてミキサーをしたのをシリンジで食べました♪昼間は大好きなジャーキーを少しとヤギミルクプリンをポカリで伸ばしたのを1個近く食べたとのメールあり。勿論、食べる全体量は少ないけど、わくわくで嬉しくってっ、嬉しくってっ。走っちゃいましたよ。
霜降り牛肉
DSCF4334.jpg
柔らかく食べやすいように焼きました。ぺロリ食べましたよ。O(≧▽≦)O体温は38度台で心拍数も血圧も呼吸数、肺の音も綺麗です。介助したらちゃんと○んぴぃを少しだけ出してくれました。ぶんたの頑張りってサプライズでミラクルなぶんたマジックなのかもしれませんね。月初めの検査へ行ってたのもあり、実は、先月に寿命宣告をされた以前の医師から電話を頂きました。現在のぶんたの頑張りの様子を聞いてかなりに驚いており、永年、獣医をしてますと前置きをして、個体の差はありますが、ぶんちゃんのように頑張ってる子って珍しいと言われちゃいましたよ、ぶんちゃんは、意味があって頑張ってるはずだからクリスマスも越して、新しい年を迎えるまで頑張って欲しいと言いました。
ヤギミルクプリンと色々なり
DSCF4333.jpg
ペットショップでウインドーにある全てのヤギプリンを買い占めましたぁ♪”わんこクリスマスケーキ”見つけちゃいましたよぉ!(*vv)わんこのクリスマスケーキ、予約しちゃいましたよ。ほんの少しだけでも食べさせてあげたいって思っています。(^-^)帰り道、今の病院で大きめのシリンジ数本と処方食も買い足し、食べ物や輸液お量や時間の感覚などで色々に相談をしてきました。食欲増進剤を使ったりなどの無理強いもせずにおります。今までのようなな細かい水分も栄養などのカロリーや水分制限もの管理もしなくていいいと言う段階なぶんただそうで、難しいギリギリの段階で保ってるのだそうですよ。ママと一緒に居たくて仕方ないからだと、、。”寿命宣告”されましたが、ぶんたが寿命をきめるのじゃないのかって思うのです。家族で話し合い、動じないで、医師の言う寿命などを忘れて、気にしないで、一緒に明日を信じて暮らそうと結論を出しましたよ。(^v^)v
ミサイルじゃ無いです
DSCF4332.jpg
病院で分けて頂いた酸素です。酸素へ繋ぐ備品の方が壊したら凄くお値段が張るそうです。市販の酸素よりも格安にしてくれました。通常。1L/minで連続2日連続使えますが、充填に2日掛かります。

おむつ犬のチエちゃんのお話しを知っていますか?(#^_^#)

チエちゃんの飼い主が、医師から、、、。”動物は、どんな場面でも生きたいと考える”と言い、”それに、犬は大好きな飼い主と一緒に居ることが何よりも嬉しいんですよ。って、、、。今は、もし居るなら?わんこの神様がぶんたちの時間を作ってくれてるのだって思うのです。絶対に、、大切にしなくちゃなのです。

週末にまったりと(^o^)ゞ

10月始めのぶんたです。
DSCF3103.jpg
デジカメに残っていまたしたよ。もしかして?アップしたかものしれないのだけど?きりりと大きな眼に力込めてはにかみながらも立っていますよね。画像を整理したら出てきました。^m^当時で4.7キロでした。今も約、4.7キロ台をキープですが、運動も出来なくて、体力も無くなり、筋肉が落ちて、歩けなくなってます。今日は、下痢も無くて良かったですよん。昨日のポカリ攻撃だったせいかもです。(*vv)
めちゃに買い込んでいます。(^^;)ゞ
DSCF4312.jpg
病院で分けて頂いた酸素のボトルですが、ほぼ?ミサイルのようなダイナマイト?です。連続で2日間使用可能だそうです。それは今の段階では使わないつもりです。他に常備20本近い携帯酸素の缶と予備のオムツを用意してます。今日は、使わなかったけど、いざって時って酸素缶数本を使っちゃうのですし。酸素だけは、かなりに買い足しております。そう、オムツは痩せてしまっており、ウエストだけだとSSサイズにしたいのだけど、、、。股上が長い子なののでSサイズなのですよ。華奢なぶんたの為に無い知恵を絞り、工夫をしてます。今日、Amaz○n.co.jpで頼んでたオムツパットが届きました。^m^オムツパンツの専用のパットだけど、既にパンツは大きくなってしまい、サイズが合いません。なのでマナーベルで使うと良い感じなのです。頑張ってくれてるので、、、。全く、先が読めないのです。(^_^;)なので、数を抱えちゃっています。
ぶんご飯
DSCF4322.jpg
スペシッィクだけなら絶対に食べないのです。ウオルサムの腎臓サポートを混ぜたのが幸いに良かったみたいですぅ。ミキサーで混ぜて滑らかにして、ポカリで薄めてシリンジ(注射器)で食べてくれました。ぶん婆は抱っこ班、食べさせる班のシリンジ(注射器)隊の隊長は私です。今は、頚椎に不具合もあり、誤飲が心配なので大人2人がかりじゃゃないシリンジ(注射器)でのとフードも難しいのですよ。朝と晩の2回のポカリの混ぜた食事でもシリンジ(注射器)でご機嫌に食べてくれてる姿って本当に嬉しいです。(*^▽^*)v心音、体温、呼吸数、脈、血圧、肺の音なども確認し、輸液のその速度や次の輸液の時間の間隔ってお休みだと上手く取れます。明日から、お仕事なので、私の頭の中は輸液の時間間隔のやり繰りで一杯です。
た。(T▽T)
ママぁ~っっだいしゅきなのだ!
DSCF4320.jpg
今日、午後からお布団の中でダラダラに四六時中にいちゃいちゃにまったりと抱き合って過ごしちゃいました。(*vv)今日も食べ、おやつヤギミルクプリンとジャーキーを頂いてぶん殿はご満悦。夜、少しだけ介助したら下痢じゃなくって普通の○んぴまで出してくれましたよ。ヽ(≧▽≦)ノ下痢にならない事は、現在のぶんたの体調からしたら凄く良い徴候で腸管への刺激が無いって証拠です。夜、やや頻発な気味の脳の発作があるので今晩も深く熟睡出来ないかも。ちゃんと見てあげなくちゃ。 

続きを読む

輸液などあれこれ

ママだいしゅきだしゅ♪
DSCF4307.jpg
今週分の輸液と薬が無くなり、嬉しくって溜まらなくって病院へ。( ̄∇ ̄*)先生が『寿命宣告から1ヶ月じゃないですか!本当にぶんちゃんが、頑張っていますよね、ぶんちゃんの生命力とお母さんが頑張って輸液をしてるからです』って一緒に喜んでくれました。0(>▽<)0ゼイゼイは無いけど、今朝、鼻水が垂れてました。(^_^;)以前、はぁ、はぁなどの呼吸が怪しくなると、聴診器で呼吸や肺の音をずっと聞きながらも心臓が凄く心配で一杯になってしまいマス。大切な頑張ってる小さな命を壊すんじゃないかって思うと、切なくって輸液を躊躇ってしまう...。そんな私の話しを聞いて先生も涙ぐんでました。(T▽T先月の21日の検査の数値ですが、幸いにCre(クレアチン)が規定の範囲のギリギリなので、肺水腫も無いので、腎不全の緩和の為、たったの50CCだけですが、心臓への負担を慎重にしながらも輸液を増量をして良かったみたいんなのですよ。(*^▽^*)v何気ない会話の中、獣医師が言いました、、、。検査もしてますが、少しだけ食べれませんか?ロイヤルカナ○の退院サポートなら食べれますが、”BUN”数値が異常に上がります。最適な処方食のスペシフィッ○はフードプロセッサーで滑らかにしても食べませんし。無理に食べさせると体力が無くて誤飲しやすいのもあり、輸液に頼ってします。食べてない、運動もして無い筋肉の痩せた体なのです。輸液の刺す位置や回数などの有難くにアドバイスの頂きました。
今日のボク
DSCF4310.jpg
排泄のグッズですが、(^_^;)マナーベルトやらパンツも買い集めてます。悪気は無いと思いますが、ぶん婆がぶんたのパンツのサスペンダーは苦しそうだと外してしまい、蒸れるからってオムツまで外してしまいました。一枚のトイレシーツだけに巻かれていた下半身が汚れて居たぶんたを見て絶句なのでした。( ̄▽ ̄:)皮膚炎や感染症だってまんざらでも無いのですし。頑張ってるぶんたへ申し訳なくに体力の無い中、軽くにシャンプーをしちゃいましたよ。(^o^;状況次第だけど、、、。排泄などの便利グッズは使って良いものだと思いますね。何度目か?判らないけど、、。ぶん婆のプライドを傷付け無いようにと、、、。気分を悪くしない程度でお話ししました。オムツの替えは、ありますが、アマゾ○で取替え簡単のパットも買いましたよ。( ̄- ̄;)
甘い物テイ○ミィ」ス
DSCF4284.jpg
禁酒しております。( ̄▽ ̄:)疲れて無いって気持ちだけですが、相当に甘い物を体が欲しがりますし。今日、渋々と整骨院へ行きました。肩も腰も相当に凝り固まっており、右へ首が傾かなくなり、しっかりと、テープで固定されました。明日、明後日お休みです。まったりと親子で過ごしたいです。(^m^)

16歳と4ヶ月です

ラブショット
IMG_0471.jpg
そんなに”ぎゅ~ってしないで下さいよ恥ずかしいじゃないですか!”って顔してませんか?
仲良しの親子のショットです。(*vv)週末の連休、いちゃいちゃ三枚に過ごさせて頂きました。脳の発作の感覚が短くなっており、色々に緩和的な薬と輸液だけで繫がってる命のぶんたと一緒に写して貰いました。ちゃんと?カメラ目線でした。(^m^)消さないと見せてはいけないかもしれません。私は、言うまでもなく眼の下にクマのあり?メロメロ顔のすっぴんの私なのですが、、、。ぶんたに関してはしっかりしております。今朝、輸液はまずは、100CCを入れて心音や血圧や肺の音をきっちりと聞いて輸液の吸収を見てから次の輸液の後の時間を計測していました。午前中に”下痢”無いのを確認して、ぶんたと抱き合って過ごせる週末だから大事にしたくって時間も無駄にしたくなくって。 今日まで、某郊外店でオムツが格安だったので、、。30枚入りを2袋買っちゃいました。(^o^)ゞお買い物をメモ持参で走りました。帰宅して、ママの健康チェックの合間で”にゃ~ぁ~ん”の声、、あれれ?下痢を少ないのだけど、、。やっぱりでした。少ないのだけど、下痢をした瞬間に”にゃ~ぁ~”=”ママ、ごめんね~”って、、、。前回のシャンプーからかなりに日も過ぎておりますし、昨日、事前に、医師へ相談し了解を得ていましたしね。シャンプーの中心はお腹周りなど背中などの中心で優しく洗いました。。勿論、体力も心配だけど、、今のぶんたには、抵抗力が無く清潔にしてあげ無いと感染症や皮膚炎も心配だと医師から言われていましたし。現在の今、体力が無くて筋肉が痩せしまい、悲しいけど立てなくて、動けないのですし。16年間もの間、シャンプーをしてきましたし、ママが優しく抱き抱える様にシャンプーしましたよ。お陰さまでママはずぶ濡れでしたけど、、、。
婆ちゃん大好きじょ
DSCF4287.jpg
眠ってる間に、バリカンは音がびっくりしちゃうからって、、涙やけの顔周りとお尻周りを隙バサミでカットしました。体に負担の無いようにしてあげなくちゃね、、。シャンプータオルやグッズもありますが、代用品のグッズを綺使ってもおしますが、清潔が居るのが一番だって思いますね。食べ物で栄養など取れなくて、食べれなくなってしまってる以上、輸液に頼るしかありません。そう、、輸液の件ですが書いちゃっていますが、、、。。一度にする輸液の次第で心疾患を持つわが子へ”心不全や肺水腫”との輸液をしない尿毒症のへのどちらへも転がってもおかしくないシーソーになっており、私の腕の中に大好きな愛しいわが子を守ったり、悪戯に守れないような?心の葛藤がずと残っています。
輸液セット一式
DSCF4286.jpg
実は、正直に、輸液だって、、、心臓への負担を思い、量を思うと?回数分けざる負えずで針を刺す回数が増えますね?あんなに可愛いくて仕方が無い子へ針を平気で?針をさせますか??勿論、刺しちゃっておりますが。気持ぁは、自分が刺されてる思いで一杯にに成りながらです。、消毒なのですが、、。70パーセントのイソプロパノールで自分の手や指も消毒してマスク仮面となってる私って相当の潔癖に見えてるそうですし、、私の手や指だってかさかさですよ。(*vv)ぶん婆が家の滑られないマットなどやトイレを片付けてしまいましたよ。(号泣)既に、ぶんたが、もしかして?歩くかもしれないし、もし、お星様になっても滑らないマットやトイレが無いと、不便だって、、、。片付けなで欲しいと、、懇願しの私でした。(v_v)ぶん婆には、ぶん婆の思う気持ちで片付けていたらしくて、、、。。聞くと、、、納得でした。私達、(ぶんたと私親子)って、、ずっと、ずっと、一緒で分身のように生きてきましたよ。私は時計で言うと長い針でぶんたが短い針です。一心同体なのです。YouTube - コブク○ 時の足音巻き戻せない時を大切に生きていくしかないですし、、、。この子に出合えて本当に良かったぁ♪今も本当に、大好きで溜まらないのです。

正直な所、、、色々に考えていました。(^_^;)

拍手のコメントやブログのコメントもちゃんと読んでいます。携帯への励ましのメールも有難うございます。m(_ _)mかなりに、重たい内容なのですし、更新を続けるのか?時間の都合もあって迷っていましたが、レスを出来ないままにぼちぼちと綴っていこうとも思います。甘えん坊の頑張り屋さんのぶんんたを抱きしめてともかく、、、。明日の朝を信じて一緒に生きたいと思います。o(^-^)o温かい励ましを沢山に有難うございます。

明日で16歳と4ヶ月

ボク、頑張ってるよ
DSCF4280.jpg
今朝も午前中、下痢をしていたのでシャワーで洗う。ぶん婆が言う。『完治するような未来が無いのに病院へ行ってもぶんたの負担だけだよ、ぶんたが可愛そうだって思わない?』その声にぶんたの体力を見て、ずっと、抱きながらずっと”病院へ行くか?”数時間も迷う私。( ̄▽ ̄:)

でもね...。弱虫君で甘えん坊のはずのぶんたのぶんたは、ギリギリの所を懸命に生きてるんだもの。寿命云々よりも、最期を迎えようとしてる何か大好きなわが子へに出来ないのかって思うあまりに連れて行ってしまった。幸い、肺水腫になっていない。(ホッ)腎不全による脱水症状からの下痢だそうですが、尿毒症を確認するカリウムなどの電解質などの血液検査はあえてしません。尿毒症には成ってないのだけど、時間の問題らしいし、輸液の量次第では肺水腫だって目の前にあるし、体力が持つのかも問題です。今日の医師の話しだと状況はかなりに厳しい。ほとんどが、ぶんたの奇跡的な生命力の頑張りだけとも思えます。可愛い不思議ちゃん、、元気だった頃と同じように大好きで愛しい。

心疾患になってから、ピリピリになって神経質にきっちりとした管理で保っていたBUNの数値なのですね。高齢での年齢や心疾患の治療の経緯からしたら、相当な管理だったはずですと、、、こんなに優秀な管理をしてきたのですから、ぶんちゃんは幸せだったはずですと。。。医師が話しましていまいた。でも、兼ねてからの食欲不振と心疾患の末期での中程度の慢性腎不全なのですよ。腎不全は発症したら治りませんし、心疾患の水分制限と正反対の治療をします。脳の発作に加えて腎臓の不具合から神経症状も出てるらしいと医師が、話して、今のわが子の状況に対してどう緩和して終末期を穏やかに過ごせるのかなどのアドバイスを頂きました。今日、医師から、初めて聞いちゃいました。心の中でぼんやりと考えていましたし。もしも?ぶんたが今、以上にもっと苦しむようだったら、お薬で安らかに眠るような事も頭において良いって言われちゃい、へこみました。(T▽T)

もしも、輸液を止めてしまったら?

生命力があるので判らないけど、持って一両日だけどもしかして?数日の命だと言われました。(;∇;)輸液は、1パックで500mlです。ぶんたには約、2.5日分です。どれ位、貰って良いのか判らずに自宅で残った輸液の量を見て2パックとお薬と針を貰って来ました。帰宅後にぶん婆と話し合いました。安らかな永遠の眠りのお薬の件は、苦しくてもがいてどうにもなら無い時まで先送りをしたいのが本音です。ぶんたが、懸命に頑張ってるのだから、、、。最期までぶんたが穏やかに過ごせるように一喜一憂しないで見送ろうねと、、。
ぐっすりと夢の中
DSCF4281.jpg
毎朝の4時から6時頃に腕の中のぶんたが、足の静脈の脈が取れなくて、呼吸も浅い、心拍もかなりに途切れてしまい、このまま、虹の向こうへ旅立つのかなって。。。、まだ、始まったばかりの今日を一緒に過ごしたくてかなりに戸惑います。(T^T)負けそうで、泣きそうで、消えてしまいそうで、何を信じて良いのか判らず、ひとつしかない胸が何度もバラバラに割れているこの頃です。苦しい中でのぶんたが心拍数や脈が安定する頃に今を一緒に生きていけれるって思うのです。心が押しつぶされそうな時は何度も、何度もありましたが、絶対に悲しみは避けて通れないけど、眠れない夜もあるけど、自分の体が大変で苦しいはずなのにママの抱かれ、話しかけ掛けると懸命に答えようとしてるぶんたを目の当たりにして、、、。今、負けないで、泣かないで、自分の気持ちに素直になり、悲しいけど、ぶんたがどうにもならない位に苦しいなら医師の話の選択肢を頭に置いておきますが、言葉に出来ない繫がった気持ちを大事に笑顔で一緒に居てあげたい。限られた時間なら、なお更に今を大切に生きていこうと思うのです。

重たい内容ばかりですみません。m(_ _)m
応援や拍手のコメントを読ませて頂いております。携帯のメールへも温かい励ましを有難うございます。